自転車といえども、道交法上は「車両」。法律や規制は自転車にも適用されるため、甘く見ると痛い目に遭うこともあります。このため、万が一に備えて加入しておきたいのが「自転車保険」です。自転車保険を選ぶ際に重要なポイントは「傷害補償」と「賠償責任補償」の手厚さでしょう。

自転車保険は補償の範囲もポイント

自転車保険の「傷害補償」は、自分自身や家族のケガに対する保険。通院や手術などでかかった費用に対する補償になります。一方、相手にケガを負わせてしまった際の保険が「賠償責任補償」。過去の自転車事故のケースからみると、限度額が1億円以上あれば安心でしょう。

加えて、自転車保険は補償の範囲も大切なポイント。保険によっては「個人」かもしくは、「家族全員」かを選べます。

なお、自転車保険に加入する際は、まずは今入っている保険をチェックしておきましょう。というのも、自動車保険や火災保険によっては、自転車事故に対応する補償が付帯されているものもあるからです。必要な補償がカバーされているのであれば、わざわざ自転車保険に新たに加入する必要はありません。

賠償責任補償が手厚い自転車保険

ドコモの「サイクル保険」は賠償責任補償の上限が5億円という手厚い内容が特徴。万が一の時も安心です。3人以上なら家族プランがオススメ。月額保険料は家族プランが940円、夫婦プランが650円、個人プランが460円です。

au損保の「Bycle S」は被保険者の年齢が70~89歳に限定されているシニア向けの自転車保険。自転車での事故はもちろん、日常生活のケガにも対応しています。月額保険料は710円で、賠償責任補償は2億円です。

東京海上日動の「eサイクル保険」は補償対象が異なる複数のプランを用意。個人賠償責任が付いていない個人プランは月額190円から加入できます。月額保険料は450円、340円、190円(本人型 A~Cプラン)夫婦型、家族型もあります。賠償責任補償は1億円です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高額請求に備えて「自転車保険」を選ぶポイント