世の中には「よく職務質問に遭う」という人が少なからず存在します。じつは職務質問する側の警察官には各自治体ごと、つまり警察署ごとに職務質問対象者用のマニュアルやルールが存在。職務質問で警察官のターゲットになりやすい服装や髪型があるのでした。その理由を見ていきましょう。

職務質問は身なりや目の動きで判断

警察の中でも自動車警ら隊は管轄を超えてパトロールを行う、いわば職務質問のプロ。警視庁の自動車警ら隊所属していた元警察官によると、職務質問は「基本的には、挙動が不審な人に行います。例えば、警察官と目が合った瞬間に視線を逸らす人、方向を変えてしまう人などです」と話します。

とはいえ「大体は身なりや目の動きで判断します」とのこと。そして、職務質問に遭いやすい人の身なりでよくいわれるのが「ミュージシャン風」という外見的特徴です。

ミュージシャン風というのは、あくまで表現上のこと。例えば「長髪または金髪の人」は、まともな職業人ではないと推測されるからです。「やせている人」は薬物常用の疑いが考えられます。

職務質問のターゲットになる迷彩柄

このため、長髪や金髪で頬がこけているミュージシャン風の人は職務質問のターゲットとなりやすいというわけです。「上下の服の季節感がバラバラ」という服装も薬物常用の疑いがあるため、職務質問のターゲットとなります。

このほか「目深な帽子とマスク」は窃盗の疑い、「迷彩柄の服とアクセサリー」は武器など危険物所持の疑い、「大きなバッグ」は危険物所持&住居侵入の疑いがあるため、職務質問のターゲットになるのです。

クルマであれば「高級車なのに汚い」など、だらしがない車両も職務質問のターゲット。薬物常用などで心が乱れていると嫌疑がかけられるからです。この場合、自分のクルマじゃないので愛着が無くて汚したままにしたり、整備に出せないなどの理由から窃盗車の疑いもあります。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「職務質問のターゲットにされる服装や髪型とは?