いつの時代も、子どもから羨望のまなざしで見られるのが「白バイ隊員」。真っ白なバイクで颯爽と駆け抜けていく姿はやはりカッコいいものです。一方、ドライバーにとっては猛スピードでスピード違反を取り締まる怖い存在でしょう。そこで、彼らが操る白バイの値段はいくらなのか詳しく調べてみました。

白バイでスズキやヤマハはレアな存在

白バイに使用されている車種は、ほぼ400ccを超えるエンジンを搭載した大型自動二輪車です。かつては中型自動二輪免許で乗れる400ccモデルもありましたが、今は大型に統一されています。

交通取り締まり用のバイクなので、白バイは交通機動隊や高速隊などの部署に所属することがほとんど。ただし、購入は各都道府県警別ではなく、警察庁が毎年全国分を一括購入しています。

国産メーカーではホンダ・ヤマハ・スズキの3社が白バイを製作。最近の購入実績を見るとホンダ製を購入する年が多く、スズキやヤマハの白バイはどちらかというとレアな存在というのが現状です。

白バイは市販モデルより13万円安い

数ある白バイのなかで、主力車種となっているのが、ホンダ「CB1300P」。白バイの仕様で市販モデルと大きく違う部分は、後部座席部分にある白いボックスと、サイドバンパーが付いていることです。

このほか、丸形メーターが特徴の市販車に対し、CB1300Pはデジタルメーターを採用。スピード違反取り締まり時に測定した速度は、付属のプリンターで印刷できる仕組みです。

気になる白バイの値段は、2018年に購入したホンダCB1300Pの場合、1台あたり約146万円。ベース車のCB1300SBの価格が約159万円なので、市販モデルよりも約13万円ほど安くなっています。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイの値段は市販モデルより安いか?高いか?