「レーザー式」は、従来のレーダー・ループコイル・光電管という3つの方式に加えて、新たに登場した速度測定方式。その名の通り、レーザー照射により走行車の速度を測定します。そして、それに対応してオービスを事前察知するレーダー探知機にも「レーダー対応」モデルが続々と登場しているのです。

レーザー式の目的は通学路や生活道路

「LSM-300」「LSM-300HK」などのレーザー式オービスが全国の都道府県警察に続々と導入されています。新型オービスはすでに39の都道府県に導入されており(予定も含む)、各地で神出鬼没の取り締まりが行われているのです。

従来のオービスとは異なり、幹線道路のみならず通学路や生活道路での取り締まり強化を目的に導入された移動が可能なオービスだけに、場所を問わずあらゆるスポットに設置されるのが難点といえるでしょう。

三脚にカメラを乗せた可搬式(LSM-300など)や、台座に固定された半可搬式(LSM-300HK)などがあるほか、大阪・枚方などには一部固定式(オービスV Lp型、Ls型)も存在するのです。

レーダーとレーザーでオービスを探知

そんなレーザー式オービスに対抗するために登場したのが「レーザー対応」のレーダー探知機です。従来のレーダー式オービスの警告に加え、レーザー式にも対応し、2019年にユピテルから発売された「LS300」を皮切りに各社から続々と「レーザー対応」をうたう製品が登場しています。

レーザー対応モデルの多くは、本体にレーザー受光部を備え、クルマの進行方向に設置することで、LSM-300をはじめとする新型オービスのレーザーを捕らえます。

もちろん従来のレーダー受信に加え、GPSでの探知も行うため、固定オービスについてはGPS情報とレーダー/レーザー受信の2つの方法で、オービスを探知してくれるのです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「レーダー探知機「レーザー対応」増えている理由