航空機と聞いて、旅客機をイメージする人は多いはず。中には戦闘機をイメージする人もいるかもしれません。そして、旅客機も戦闘機も飛行には航空無線が必須です。ただし、それぞれ運動性能も飛行目的も異なるため、航空無線の周波数帯はVHF帯とUHF帯と別々。しかし、どちらの航空無線も「AMモード」を使っているのは変わりません。

航空無線がAMを採用する最大の理由

無線の世界では、FMモードが主流。最近ではデジタルモードも増えてきました。しかし、航空無線が採用しているのは「AMモード」。航空無線がデジタル化せずにAMモードを使い続けている理由を見ていきましょう。

AMモードは、振幅変調(Amplitude Modulation)の頭文字を取ったもの。電波の強弱で情報を伝達する方式です。FMモード(周波数変調:Frequency Modulation)に比べて、音質が劣ったりノイズに弱いことがデメリット。AMラジオ放送よりもFMラジオ放送の方が音質がよいことがその典型例でしょう。

それでも、航空無線がAMモードを採用している最大の理由は、弱い電波に強い電波がかぶってきても、かき消されないため。夜間に発生するAMラジオ放送の混信のように、強い電波の後ろから弱い電波が聞こえてくるのがAMモードの特徴です。

航空無線でデジタル化はありえない

すなわち、AMモードの航空無線で同じ周波数で複数の航空機が交信してきても、強い電波にかき消されることなく伝わります。遠方を飛行する航空機の救難通信を、近くを飛行する航空機の電波にかき消されることなく管制塔は受信できるわけです。

このような航空機の安全な運航に欠かせない電波特性が、航空無線でAMモードが使われ続けている理由です。このほか、無線機の回路構成がシンプルで、狭い帯域でも音声を送れるなどのメリットもあります。

そして、航空無線ではデジタル化はありえないというのが通説。というのも、航空無線は世界共通のシステムなので、すべての航空機の無線機を一斉に入れ替えることは、簡単にはできないからです。その意味で、航空無線は末永く受信を楽しめるジャンルといえるでしょう。

【関連リンク】
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
航空無線の受信におすすめのハンディ受信機4選
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「なぜ航空無線はデジタル化せずに「AM」のまま?