車検や修理の間だけ借りる代車、あるいは旅行先で借りたレンタカーを運転していて困るのが「給油」です。乗り慣れたマイカーと違い、給油口が左右どちらかわからず、ガソリンスタンドの入り口で立ち往生した…という人も多いはず。そこで、クルマの給油口の左右がわからない時の対処法を紹介しましょう。

給油口の左右を三角アイコンで表示

代車やレンタカーは、借りたあとはガソリンや軽油を使った分だけ補充して「満タン返し」するのが原則です。そこで、返却直前に必ず1回は給油をすることになりますが、そのときに困るのが「給油口が左右どちらか分からない」というものです。

ガソリンスタンドで給油マシンと給油口の位置を逆にして停車してしまうのは、レンタカーあるあるかもしれません。しかし、実は最近の国産車の多くは、給油口が左右どちらか車内からすぐ分かる仕組みになっているのです。

メーターパネルにある燃料計の給油マシンマークをよく見ると、左右どちらかに小さい三角アイコンが表示されているケースがあります。この三角アイコンのある方向に給油口があり、右表示なら車体右側、左表示なら車体左側です。

給油口の左右と開け方も確認しておく

給油口が左右どちらにあるか分かったものの、今度は給油口のフタを開けるレバーやボタンが見当たらない…というのもよくある話。国産車の場合、多くのモデルはハンドル右下、もしは運転席のシート右下にボタン・レバーを配置していますが、なかにはそうでない車種もあります。

その場合、給油口を開けるレバーやボタンがそもそも車内にないパターンです。例えば、ホンダ・フィットやスバル・フォレスターの最新モデルはこの方式で、ドアロックを解除した状態で給油口を上から押すと開く仕組みになっています。

また、まれにサイドブレーキの近くに給油口ボタンが設置されているといったケースもあります。代車やレンタカーを利用するときは、給油口が左右どちらなのかに加えて、開け方も確認しておいたほうがよいでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「車の給油口が左右どちらか燃料計で確認する方法