トランプ大統領も愛用している「ツイッター」は、世界で3億人以上が使っている人気SNS。多くのフォロワーを抱えていなくとも、アカウント乗っ取りに遭うと、その被害は計り知れません。ツイッター乗っ取りを防ぐためにチェックしておきたいセキュリティ設定を確認していきましょう。

ツイッター乗っ取りのリスクを下げる

WebサービスはIDとパスワードによるログインが一般的。しかし、これだけではまだ脆弱です。さらにコード認証を行う「二段階認証」を設定すれば、SMS通知などで本人のスマホが必要になります。

ツイッターの場合、設定の「ユーザー情報」にある「ログイン認証」から、テキストメッセージを有効化。パスワード認証後、SMSで認証コードが届くので、これを利用してログインするように変更します。

二段階認証を設定すると、IDとパスワードで認証した後にコード認証も必要になるため、たとえIDとパスワードが流出してもツイッターの乗っ取りリスクがグッと下がるのです。

ツイッター乗っ取りで友達にスパム

ツイッターには、外部アプリと連携する機能が提供されていますが、中には友達に一斉にスパムメッセージを送信したりと、危険なアプリもあるため注意しなければなりません。このため、利用していないアプリは設定画面をこまめにチェックして、使っていないものは連携を解除。余計なトラブルは未然に防ぐようにします。

ツイッターの連携アプリを解除する方法は、設定画面の「アプリとセッション」で、アプリの許可を取り消します。これでツイッター連携が解除されるのです。

ツイッターには、予期せぬトラブルで個人情報漏洩や炎上の危険があります。そこで有効なのが、投稿の非公開設定です。ツイッターは非公開アカウントに設定して投稿を管理しましょう。設定画面の「プライバシーとセキュリティ」内の、「ツイートを非公開にする」をチェックすればOKです。

【関連リンク】
Twitter乗っ取りのパスワードを入手する方法
Twitterの裏アカウントの画像を見つける方法
ネットストーカーのTwitter利用者の特定方法
Twitterで乗っ取りがなくならない2つの理由
Twitterの影響力を簡単にチェックする方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ツイッター乗っ取りに遭わないセキュリティ設定