アイコムの受信機「IC-R30」は本体サイズが大きいため、屋外での受信では目立ってしまうことが難点。しかし、IC-R30はスマホ用のリモコンアプリを利用可能。スマホをいじるスタイルで無線を受信できるのです。受信機をスマホから遠隔操作できるアプリについて詳しく見ていきましょう。

受信機を遠隔操作できる専用アプリ

大勢の人がいるレジャー施設やイベント会場、消防隊員が活動している現場などでは、あまり目立たず受信したいもの。とはいえ、周囲に気づかれないように受信機を操作するのは、思っている以上に大変です。

アイコムの「IC-R30」は本体ボディが大型ですが、スマホから遠隔操作ができる専用のアプリ「RSR30I/A」がリリース。受信機を手にすることなくスマホ操作できるようになっただけでなく、ディスプレイの確認も可能になったのです。

IC-R30のリモコンアプリは、iOS用の「RS-R30I」と、Android用の「RS-R30A」が、アイコム純正アプリとして無料でリリース。アプリをインストールしたら、スマホのBluetooth機能をオンにして、IC-R30とペアリングさせます。

スマホ画面で受信機を遠隔操作する

ポイントは、スマホ側からの「相手機器からペアリング」を選択すること。本体のMENUボタンを押して実行します。2分間のカウントダウンが始まるので、スマホ側のBluetooth設定画面で、ペアリングの操作を行うのです。

スマホからIC-R30を遠隔操作できるようになるリモコンアプリですが、IC-R30のすべての機能をコントロール可能なわけではありません。多機能を誇るIC-R30からしてみれば、操作範囲はごくわずかです。

しかし、おもしろ無線の受信にリモコンアプリは十分に対応。受信機のメインダイヤルの操作に代わって、スマホ画面をタップして遠隔操作します。本体での操作に比べてややもたつきはあるものの、操作性は良好です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「受信機をスマホから遠隔操作できるアプリとは?