森永製菓のチョコボールは金のエンゼル1枚、銀のエンゼル5枚でおもちゃの缶詰がもらえます。当たりとはずれはそれぞれ別の製造ラインで作られているため、チョコボールのエンゼルはパッケージの印刷の差異で見分けるのがセオリー。そして、チョコボールのエンゼルの狙い目は期間限定商品なのです。

チョコボールのエンゼルは20個に1個

チョコボールのエンゼルは20個入り1ケースの中に約1個の割合で入っています。ただし、ケースによってはゼロの場合もあれば複数の場合もあるのです。さっそく、レギュラー商品と期間限定商品でエンゼルの見分け方を検証してみました。

当たり付きのお菓子は、当たりの紙を封入したり文字を印刷したりするため、製造ラインが異なっていることがほとんど。このため、ほかの製品との仲間外れを探すことで、当たりを見つけることができます。

しかし、チョコボール定番の「ピーナッツ」「キャラメル」「いちご」には1つの味につきパッケージの種類は何と5種類。仲間外れを探すという作業をする以上、手間はデザインが1種類の場合に比べて5倍かかることになります。

チョコボールのエンゼルを見極める

つまり、メーカーはそれだけチョコボールのエンゼルを見破られないように力を入れているというわけ。一方、期間限定商品に対してはそこまでのエンゼル対策は取っていません。

期間限定商品のパッケージを調べてみると1種類。ですから、チョコボールのエンゼルは期間限定商品が狙い目なのです。あとは、パッケージの印刷のずれなど、細かな差異を見つけてエンゼルを見極めます。

なお、チョコボールのエンゼル対策としてダミーが存在することも忘れてはいけません。ダミーは意図的に封入してくる、エンゼルと同じ差異を持つ少数のはずれのこと。チョコボールのエンゼル対策は手が込んでいるのです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?
チョコボールのエンゼルは側面の英数字で分かる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「チョコボールのエンゼルは季節限定商品が狙い目