学校が休みとなるシーズンにあわせて発売される「青春18きっぷ」。全国のJR在来線が乗り放題になるため、鉄道&旅行好きとってはたまらないキップといえます。とはいえ、青春18きっぷはある程度の距離を乗らないとかえって損。はたして、JRに何km乗れば青春18きっぷは元がとれるのか計算してみました。

青春18きっぷの価格は1枚あたり2410円

「青春18きっぷ」は毎年春・夏・冬に発売される、JR在来線の普通列車が乗り放題になるキップです。2020年の場合、利用期間は3月1日~4月20日・7月20日~9月10日・12月10日~2021年1月10日の3回で、有効期間1日のキップが5枚セットで価格は1万2050円、1枚あたりで考えると2410円ということになります。

つまり、在来線に1日2410円以上乗ることで青春18きっぷは元が取れるということ。いったいどのぐらいの距離を乗れば2410円になるのでしょう。実は、JRの運賃計算方法が複雑になっているため、この計算は簡単でありません。

まず、JR路線には「幹線」「地方交通線」の区別があり、地方交通線の方が割増料金です。この差を表すため、地方交通線については実際の距離とは別に「換算km」というものが設定されています。そこで、ここから先の計算は地方交通線分の距離は換算kmを使ったものとして進めていきます。

青春18きっぷの元がとれる乗車距離

そして、さらに運賃が複雑になる理由として、同じ幹線であってもJR東日本・東海・西日本とJR四国・九州、JR北海道で運賃が異なるということもあります。料金の安い順に並べると「東日本・東海・西日本<四国・九州<北海道」の順番です。

実際に青春18きっぷの元がとれる乗車距離を計算してみると、東日本・東海・西日本の場合141km以上、四国・九州では121km以上、北海道では101km以上になります。実際の駅に当てはめると東京駅~吉原駅以西、博多駅~西熊本駅以南、札幌駅~登別駅以南といった乗車をすればOKです。

さらに、東京圏と大阪圏には料金が安い「電車特定区間」というエリアがありますが、こちらも141km以上の乗車で青春18きっぷ利用の方が割安になります。東京圏であれば、東京駅~千葉駅を往復したうえで、さらに東京駅~保土ケ谷駅を往復するとこの距離に達します。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「青春18きっぷは何キロ乗れば元が取れるのか?