Androidはスマホやタブレット向けのOSですが、パソコン向けに移植された「Android x86」というOSも存在します。モバイル用のOSがベースのため、低スペックでも動作するのが特徴。最新OSを動かすにはスペックが足りない古いノートパソコンが手元にあれば、Androidマシンとして復活させることも可能です。

古いノートパソコンにインストール

低スペックの古いノートパソコンをAndroid化して復活させれば、GooglePlayのストアアプリも動作します。ただし、スペック次第ではゲームなどの起動は難しい場合もあるので要注意です。

まずはAndroid x86を古いノートパソコンにインストールする作業です。Android-x86のホームページから「Android x86」を入手したら、DVD-Rに書き込みインストールディスクを作成します。

そして、インストールディスクからノートPCを起ち上げ、起動画面から「Advanced options」を選択。「Advanced options」の画面で「Auto_Installation」を選べば、OSのインストールのスタートです。

古いノートパソコンでアプリが使える

「Auto Installer」という確認画面が表示されるので、「Yes」を選んで次に進みます。インストール完了後、ブートローダーが表示されるので、1番上の項目を選択。ノートパソコンの画面に「android」というロゴが表示されれば、Android x86の導入は成功です。

Androidの初期設定をすれば、古いノートパソコンでもアプリが使えるようになります。初回起動時は、初期設定画面が表示される仕様です。言語は「日本語」を選んで進めましょう。

一通りの設定が終わるとホーム画面が開きます。これで通常のAndroidが利用できるようになるのです。スマホ用Androidと同様に、各種アプリが使用可能。低スペックでもサクサク動作するのがうれしいところです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「古いノートパソコンをAndroid化して再活用する