いまだ現金主義が根強い日本と違い、海外旅行ではクレジットカードはマストアイテムのひとつです。そして、海外旅行へよく出かける人の多くは、何枚もクレジットカードを持っているのが普通。「マイルが貯まる」「ホテルのサービスがある」といったメリットもありますが、実は最も重要な理由が別にあるのです。

クレジットカードの海外旅行傷害保険

海外旅行へ出かける際、多くの人が心配するのは「安全」でしょう。すべての国・地域の治安が悪いわけではありませんが、いざトラブルになったときには、日本と勝手が違うため解決するのが大変です。また、交通事故や病気で病院へ行った際には、日本の健康保険を使うことができません。

そうした事故や病気に備える意味で大切なのが「海外旅行傷害保険」。海外旅行傷害保険は、自分で損害保険会社と契約するほか、クレジットカードを持つことで利用できる保険もあり、その充実ぶりをセールスポイントにしているブランドも少なくありません。

数あるクレジットカードの中から、海外旅行傷害保険を重視して選ぶときにはどうすればよいのでしょう。実は、どのカードを持つかも大切ですが、それ以上に重要なことが「少ない年会費で保障金額を増やすため、沢山のカードを持つこと」なのです。

クレジットカードの海外旅行保険の範囲

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険のカバー範囲には、傷害死亡後遺障害・傷害治療・疾病治療・携行品損害などさまざまあります。このうち、傷害死亡後遺障害を除く部分については複数のカードを持っている場合、それぞれのカード会社からすべて保障を受けることができるのです。

例えば、傷害治療費用が270万円のカードと200万円のカードを2枚持っていた場合、交通事故で入院した場合には最大470万円まで医療費の保障を受けられます。携行品損害も同様で、20万円のカードと10万円のカードを所有することで、保障金額は最大30万円になるのです。

海外旅行によく出かける人の多くが複数のクレジットカードを持つ最大の理由は、実は海外旅行傷害保険を手厚くするため。とはいえ、複数のカードと契約すると会費もその分高くなってしまいます。そこで活用したいのが、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するカードです。

クレジットカードの海外旅行保険で審査

海外旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカードを選ぶ理由は、カード利用がないと保障が受けられないタイプの場合、海外へ出かけるまでの国内移動時の事故は保険適用外になってしまうため。また、年会費無料であれば追加負担もないうえに、旅行での保障がカードの枚数分だけ手厚くなっていきます。

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するカードには、エポスカード・REX CARDといったものがあります。また、ビックカメラSuicaカードのように、利用状況で年会費無料になるカードも活用したいところ。ただし、海外旅行前に慌てて何枚もカードを申し込むと、審査に落ちる可能性もあるので注意しましょう。

なお、傷害死亡後遺障害については各カードの合算にはならず、最も金額が多いカードまでが限度となります。この部分を手厚くしたい場合、限度額が1億円になる三井住友VISAプラチナカードなどを保有しておくのもひとつの手。会費は年5万5000円と高いですが、保険以外でも充実したサービスを受けられます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「海外旅行好きが複数クレジットカードを持つ理由