「東信」とも呼ばれる長野県の上田・軽井沢周辺には、軽井沢プリンススノーリゾート、菅平高原スノーリゾートといった人気スキー場が揃っています。そして、首都圏から東信までの高速道路往復料金が、ETC割引になるプランが4月上旬まで発売中。有効期間は3日間で、宿泊割引などのサービスも用意されています。

首都圏と長野県の往復料金がETC割引

NEXCO東日本が発売する「ウィンターパス 2020 菅平・軽井沢プラン」は、首都圏エリアと長野県東信地域との高速道路往復料金が、ETC割引となるプラン。利用期間および有効期間は、2019年1月6日~4月6日の連続する最大3日間となっています。

軽井沢・上田側で利用可能なICは碓氷軽井沢IC~坂城ICで、首都圏側の発着エリアについては、「川越―花園発着」「首都圏発着」の2パターンを用意。「川越―花園発着」は発着ICが桶川北本IC・川越IC・入間IC・花園ICで囲まれた区間で、価格は普通車5600円です。

より利用範囲が広い「首都圏発着」の場合、あきる野IC~下総IC(桶川北本IC~入間ICを除く)・練馬IC~三芳スマートIC・川口JCT~羽生IC・三郷JCT~土浦北ICが発着エリアとなっています。こちらの価格は、普通車6600円です。

首都圏発着のETC往復割引はおトク

また、高速道路往復のほか菅平高原スノーリゾートのリフト券・レンタル用品の割引や軽井沢プリンスショッピングプラザの駐車場が無料になるなど、さまざまな優待特典も用意。さらに、専用サイトから予約することで日本旅行の宿泊プランが2%オフとなります。

高速道路往復分のおトク度ですが、川越―花園発着については菅平高原スノーリゾートの最寄りとなる上田菅平ICとの休日往復を考えた場合、鶴ヶ島ICより南側の発着でプラン利用が割安。一方、首都圏発着については、発着対象ICすべてについて、休日往復でもプラン利用がおトクです。

なお、首都圏から軽井沢・上田方面へ向かう際に通過する上信越道は、昨秋に発生した台風被害により松井田妙義IC~碓氷軽井沢ICが片側対面通行となっています。そのため、出かける際には余裕をもったスケジュールを心がけてください。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「人気スキー場「ETC往復割引」は休日割引より割安