ガソリンを安く入れるための最もシンプルな節約法が、価格の安いスタンドで給油すること。そこで重宝するのが、ガソリンの価格比較アプリ「gogo.gs」です。このほか「給油は満タンにしないで燃費を向上」「給油に得する提携クレジットカード」など、ガソリンを1円でも安く入れるテクニックを紹介しましょう。

ガソリンを安く入れるならセルフ

ガソリンを安く入れるための価格比較アプリ「gogo.gs」は、現在位置から周辺のスタンドと販売されているガソリン価格を調べられるアプリで、周辺の最安値で給油できます。AppStore、GooglePlayで無料で入手可能です。

ユーザーの投稿によって価格は随時更新されるので、安いガソリンを求めてスタンド巡りをする必要もありません。自宅の周辺はもちろん、外出先で給油場所を探す際にも便利です。

ガソリンは満タンにすると、車体が重くなりそれだけ燃費が悪くなります。1/2から3/4程度の給油を推奨するメーカーもあるほどです。また、クルマの使用頻度が低い場合、燃料を入れたまま長期間保管すると酸化が進むといったデメリットも…。ガソリン代を抑えたいなら、小まめな給油で燃費を向上させるのも手でしょう。

ガソリンを安く入れるなら、セルフのスタンドを利用するのが基本。人件費が抑えられている分、通常のスタンドよりも5円程度安く給油できます。また、緊急時を除いて高速道路での給油は絶対NG。PAやSAのスタンドは、場所柄ガソリン価格も10~20円高く設定されています。

ガソリンを安く入れるおすすめカード

ENEOSや昭和シェルといった大手チェーンでは、提携のクレジットカードを発行することで、通常よりも安い会員価格でガソリンを安く入れることができます。また、利用額に応じてポイントが獲得できたり、ロードサービスが無料になるなどの特典付き。年会費も実質無料なので、利用しない手はないでしょう。

チェーン別のガソリンを安く入れるおすすめカードはENEOSなら「ENEOS CARD S」。年1回の利用で年会費無料、ガソリンと軽油が2円/L引き、ロードサービス無料です。ENEOS以外のショッピング利用でも、1,000円ごとに6P獲得できます。

シェルなら「シェル-Pontaクレジットカード」。年1回の利用で年会費無料、給油1Lごとに2Pontaポイント、ロードサービス無料です。ローソンやケンタッキーで
使えるPontaポイントが、給油ごとに貯まります。

出光なら「出光カードまいどプラス」。ガソリンと軽油が2円/L引き、利用額1,000円ごとに5P獲得、Web明細の利用で値引きもあります。入会後1か月間は、ガソリン・軽油が5円/L引きになるキャンペーンを実施中です。

コスモ石油なら「コスモ・ザ・カード・オーパス」。入会後3か月間は10円/1Lのキャッシュバック、イオンの店舗でポイント2倍、会員価格での給油が可能です。2020年6月30日まで、ガソリン・軽油・灯油の購入代金2%を還元しています。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ガソリンを1円でも安く入れるテクニックとは?