全国チェーンの大手レンタカー会社には借りる営業所と返す営業所が違ってもOKな「乗り捨て」サービスがあります。羽田空港でクルマを借りて成田空港で返すなど、使いこなすと便利ですが、その分手数料がかかるのが一般的。ところが、乗り捨てた方が逆に格安になるサービスが、トヨタレンタカーにはあるのです。

トヨタレンタカーが実施中の片道GO!

乗り捨て限定でレンタカーを格安料金で借りられるのが、トヨタレンタカーが実施中の「片道GO!」です。その料金は、車種に関係なく決められていて24時間なら2200円、48時間なら4400円になります。トヨタレンタカーの場合、軽自動車でも通常料金は24時間7150円なので、まさに格安といえるでしょう。

ただし、利用条件が特殊でいつでも借りられるものではありません。まず、出発する営業所と出発日が指定されていて、返却する営業所についても東京エリア・大阪エリアといった具合に決められています。車種も選ぶどころか借りる自動車のナンバーまで指定され、その1台に予約が入ってしまうと受け付け終了です。

このような利用方法になっていることには、やはりレンタカーの乗り捨てが関係しています。というのも、片道GO!を利用するドライバーは、トヨタレンタカーが乗り捨てでレンタルした自動車を、元々その自動車がある営業所へ返す形になるためです。

片道GO!が激安の理由は乗り捨て車両

レンタカーを乗り捨てで貸し出した場合、通常レンタカー会社の職員や委託先などが元々あった営業所まで戻しています。乗り捨てに追加料金が設定されているのはこのためです。乗り捨て料金は距離が離れるほど高くなり、トヨタレンタカーの場合で東京都内~大阪府内の乗り捨て料金は3万5750円と高額です。

しかも、レンタカー会社から見ると、手数料を受け取るとはいえ元の営業所まで自動車を戻す間はレンタカーとして貸し出せないため、無駄な時間ともいえます。片道GO!は、この戻す作業をレンタカー利用者に肩代わりしてもらう代わりに、利用料金が激安に設定されているのです。

このため、片道GO!が利用できるのは乗り捨てが行われた場合に限られ、直前まで予約はできません。トヨタレンタカーの特設サイトでは、利用可能な営業所と車種が毎日更新。タイミング次第では、大型SUVも激安で借りることができます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「東京~大阪がたったの2200円で使えるレンタカー