LINEは誰もが使っているコミュニケーションツール。親密な友だちとのプライベートなやり取りに利用している人も多いでしょう。ただし、初期設定のまま使っていると、LINEのメッセージから情報が漏れる落とし穴があります。そこで、LINEのメッセージのセキュリティを上げる方法を紹介しましょう。

LINEメッセージが届いたことだけ表示

LINEは新着メッセージが届くと、スマホの待ち受け画面に送信元とメッセージの一部が通知される仕組みです。LINEのメッセージを予期せぬタイミングで、思わぬ相手に見られてトラブルになる危険性があります。

LINEは「内容表示」をオフにすれば、メッセージが届いたことだけを表示可能。LINEの新着メッセージの内容を表示させない方法は、スマホ本体の設定画面で「非通知」に設定。もしくは、LINEの設定画面で「通知」→「メッセージ通知の内容表示」をオフにしておきます。

LINEでは、テキストと位置情報を暗号化する「Letter Sealing」という機能を実装。エンドツーエンド暗号化(E2EE)プロトコルにより、手元の端末で復号されるため、万が一データを盗まれてもそのままではメッセージが読めません。

LINEのメッセージを暗号化する設定

LINEの「設定」→「プライバシー管理」で、「Letter Sealing」がオンになっていれば暗号化されているということ。LINEのメッセージが外部に漏れるのを防げています。なお、Letter Sealingは初期設定ではオンの状態です。

日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボードアプリとして人気の「Simeji」には、入力した内容を運営会社が収集していたという事件がありました。LINEを安全に使うには、「フルアクセスを許可」をオンにしないのが確実です。

「クラウド超変換」など一部のネット機能は使えませんが、日本語変換や顔文字の変換は問題なく行えます。フルアクセスの許可は、ネット機能を使う時だけにすると安心です。具体的な設定方法は、スマホの設定から「Simeji」を選び、「キーボード」から「フルアクセスを許可」をオフにします。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEのメッセージが外部に漏れるのを防ぐ方法