家族でテレビを見ている時に、音が聞こえづらい問題が増えているようです。年齢を重ねれば耳が遠くなるのは当たり前のことかもしれません。そんな高齢化社会にフィットした商品が「手元スピーカー」として各メーカーから出揃っています。中でもオススメがシャープの超軽量ウェアラブルネックスピーカーです。

映画好きに人気のネックスピーカー

1人でテレビを見るなら、好みの音量に上げても問題ないかもしれません。しかし、リビングで家族団らんの中、自分が聞きやすい音量に上げるのは気が引けます。住宅事情からマンションやアパートでは、特に気を使うでしょう。

そんな事情からここ数年、ソニーやパナソニックなど大手メーカーをはじめ、PC周辺機器メーカーなどから、テレビの音声を手元で聞けるスピーカーが発売されています。

手元スピーカーには大きく分けて有線と無線タイプがあり、使い勝手からワイヤレスの無線タイプがトレンド。接続方式は、Bluetooth、2.4GHz帯デジタルワイヤレス、赤外線通信あたりです。価格帯は3千円ほどから2万円まであり、高価なモデルは防水仕様だったり、人の声をはっきり再生するモードなどを搭載します。

中でも注目は、首にかけるウェアラブルネックスピーカーです。ヘッドホンのように耳を塞がないため圧迫感が少なく、それでいて臨場感のある音声を堪能できるとして、ここ最近、映画好きの間で利用者が増えているガジェットです。

シャープのネックスピーカーは軽量

ネックスピーカーは、ソニーの「SRS-WS1」などのように音質や機能にこだわったモデルから始まりましたが、最近では100gを切る軽量モデルも増えています。

おすすめはシャープのネックスピーカ「AQUOS サウンドパートナー AN-SS1」です。最大の特徴は、約88gと超軽量な点。軽いので長時間つけていても負担になりません。そして、一度設定すれば、電源をオンにするだけでつながるというシンプル設計もうれしいところです。

設定は、テレビのヘッドホン端子に付属のBluetooth送信機を接続し、本体とペアリングすればOKです。通信距離は約10mなので、一般家庭のリビングであれば問題ないでしょう。

実際に試してみたところ、遅延もなく安定して視聴できました。テレビ本体の音量をゼロにしてネックスピーカーから音を出せば、寝ている家族や隣室を気にすることなく夜中のテレビが楽しめるわけです。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「シャープの軽すぎるネックスピーカーの使い心地