ETCマイレージ会員向けに行われている「ETC平日朝夕割」は、平日の朝・夕方の高速道路利用回数に応じて料金として還元するサービス。月10回以上の利用で割引率が50%となるため、利用方法によってはETC休日割引以上におトク度が高くなります。しかし、ETC平日朝夕割の還元金額を最大にするにはある条件が必要なのです。

ETC平日朝夕割は最大50%割引になる

NEXCO3社がETCマイレージ会員限定で実施中のETC平日朝夕割は、大都市近郊区間と東京湾アクアラインを除く高速道路について、6~9時・17~20時までに走行した場合、最大100km分まで毎月の利用回数に応じて通行料金として還元する割引サービスです。利用回数については、時間帯ごと各1回で計算する仕組みで、両方で1日2回までとなります。

還元率は、月5~9回が30%、月10回以上で50%です。ETC平日朝夕割が一般的なポイント還元と違うのが、還元金額を利用して走行した分についても割引対象になる点。さらに、利用回数で決まる割引率は対象の全走行に適用されるため、割引率も基本30%や50%になるおトクなサービスです。

ただし、還元金額を計算する際の手順が複雑なため、最大の還元金額になるには条件が揃う必要があります。それは「大都市近郊区間を含まず100km近く利用する」というもの。例えば、ジャスト100kmとなる郡山中央IC~村田ICの場合は通行料金が2870円で、30%還元で860円、50%還元で1430円となります。

ETC平日朝夕割は長距離割引を考慮

なぜそうなるのかというと、高速道路にある長距離割引が関係しているのです。高速道路の通行料金には、ETC利用と無関係に100~200kmの区間は25%、200kmを超えると30%の割引があります。そして、ETC平日朝夕割の還元額の計算は、この長距離割引を考慮した上で100km分だけ還元することになっているのです。

例えば、高速道路を200km走った場合、まず長距離割引を考慮して全体の通行料金を計算。その料金の30%や50%に「200kmのうちの100km分」にあたる0.5を掛けた分が実際の還元金額になる仕組みです。実際の例では、岩槻IC~仙台宮城ICを321.9km走行した場合、30%還元が670円、50%還元が1120円となります。

この計算方法は「全体の走行分のうち100km分だけ」というETC平朝夕割の仕組みとして筋が通ったものですが、長距離を走るほと還元金額が下がっていくのも事実。大都市近郊区間が含まれる場合も同様で、それ以外の区間(普通区間)100km分まで還元対象ですが、長距離割引の効果で還元金額自体は下がります。

また、ETC平日朝夕割を利用する注意点として、同じ時間帯の利用が2回あった場合、最初の走行のみ対象となることがあります。例えば6時に須賀川ICを出発し郡山スマートICで降り、再び7時に郡山スマートIC~村田ICまで走行した場合、還元対象は須賀川IC~郡山ICの方で30%還元なら160円、50%還元では260円となってしまいます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「ETC平日朝夕割」の還元金額を最大にする方法