駐車違反やスピード違反など交通違反の取り締まりを何度か受けると、気になってくるのが運転免許の「点数」です。また、免許停止の回数で増える「前歴」も、多くなればなるほど処分条件が厳しくなります。そこで、運転免許の点数や前歴を簡単にリセットする方法を紹介しましょう。

運転免許の点数は6点以上で免許停止

交通違反や交通事故を起こすと、違反や事故の重大さに応じた点数が付きます。例えば、一般道で50km/h以上のスピード違反は12点に対し、シートベルト装着義務違反は1点。事故の場合、死亡事故は最大20点に対し、器物損壊のみだったケースは2点もしくは3点です。

運転免許の点数は、違反や事故を繰り返すたびに累積する仕組み。6点以上貯まると免許停止になります。そして、免許停止処分を受けると点数自体は0点に戻りますが、処分前歴が1回になるのです。前歴1回になると、今度は累積4点で免許停止と処分基準が厳しくなります。

とはいえ、いつまでも点数や前歴が残ったままでは、ちょっとした事故が免許取消につながってしまうケースがあります。そこで、一定条件を満たすと運転免許の点数ゼロ、前歴ゼロに戻る制度が用意されているのです。

運転免許の点数や前歴をゼロにする

運転免許の点数や前歴を消す基本的な方法は「1年間無事故・無違反で過ごす」こと。これで、それまで累積した点数はゼロに戻り、前歴もゼロになります。さらに、過去2年以上無事故・無違反の場合は、3点以下の交通違反1回だけなら3か月間の無事故・無違反でゼロへ戻ります。

そして、運転免許の点数をゼロにするもう一つの方法として「違反者講習を受ける」というものがあります。これは運転免許の前歴0回、点数6点の人に限定された措置で、違反者講習を受けると前歴0回のままで点数が0点に戻ります。

また、前歴については過去3年間分をカウントする仕組み。例えば、最初の免許停止から11ヶ月ごとに追加で3回免許停止を受けた場合、過去3年分だけ計算されるので前歴3回です。

運転免許の点数や前歴を調べる方法

1年間の無事故・無違反で運転免許の点数や前歴が消えたとしても、免許取消・免許停止処分とは別の意味での「前歴」は残ります。それは、免許証の期限や更新手数料で優遇される優良運転者、いわゆる「ゴールド免許」への認定で、こちらは5年間の無事故・無違反が必要です。

とはいえ5年間となると、いつ違反したか覚えていないという人がほとんどでしょう。そうした場合、「運転記録証明書」という書類を取り寄せれば、過去5年間に累積した点数や処分前歴がわかります。

運転記録証明書の発行は、自分が住む都道府県の警察や交番でもらえる申請書で手続きを行います。用紙自体がゆうちょ銀行の振替用紙を兼ねていて、そこに住所・氏名や免許証番号等を記入して手数料630円をゆうちょ銀行で払い込めば、運転記録証明書の発行手続きは完了です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「運転免許の点数を簡単にリセットする方法とは?