ETCの普及度が高くなったこともあり、高速道路の一般レーンには、ETCにも対応する場所が増えています。しかし、いまだ現金・クレジットカードのみ使える一般レーンも存在。料金所渋滞などでうっかりETCレーンと間違えて入ると、当然ですがバーは開きません。こうした場合、どうすればよいのでしょう。

係員にETCカードを渡して料金精算

ETCを利用するはずだったのに、うっかりETCレーンではなく一般レーンに入ると、ETCは作動しないことになります。入口であれば通行券が出てきたり、出口であればバーが開かず立ち往生といった羽目になります。

入口の場合、そのまま通行券を受け取って走行して通常料金を支払うことも可能です。しかし、出口の場合は当然ながら通行券がないため、どのICから乗ったかが分からなくなってしまいます。こうした場合、どのようにすれば料金を支払うことができるのでしょうか?

実は、出口でも入口でもETCカードを車載器から抜き、料金所の係員へ「ETC利用です」と告げて渡すことで、ETC利用とみなして精算してくれる仕組みになっているのです。ETC休日割引・ETC深夜割引などについても適用になります。

ETC車載器なしでの利用は現金料金

また、料金所が無人で自動精算機しかないICでは、呼び出しボタンを押すとインターフォン越しに対応してくれます。この場合、自動精算機自体にETCカードの受け付け機能があるケースと、別途事務所にて精算作業を行う場合の2パターンあります。

ただし、入口で一般レーンを利用した場合、係員から戻ったETCカードを必ず車載器に入れ直すこと。これを忘れてしまうと、ETC走行扱いにしてもらえない恐れが出てきます。最近は、本線上でもETC情報をチェックしている場所もあるので要注意です。

なお、事情があってETC車載器なしの自動車でETCカードを利用したいときは、一般レーンでETCカードを渡せば通行自体は可能です。とはいえ、ETC限定の割引などは適用されず、現金料金扱いとなります。とくに、首都高速などETC料金と現金料金が大きく違う場合は注意が必要です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC利用でうっかり一般レーンに入った時の対処法