隠しコマンドで起動するiPhoneの「Field Test」モードは、電波強度を数値化できることで有名でした。しかし、iOS11以降ではモードには入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんな電波強度を表示する隠しコマンドが、iPhoneとAndroidそれぞれに用意されているのでした。

iPhoneの隠しコマンドは電話アプリ

iPhoneの「Field Test」の隠しコマンドは、iOSがバージョンアップしても伝統的に共通。iPhoneの隠しコマンドを知っていれば、電波の入りが悪い時の確認や中古の白ロムを買う時などに有効でしょう。

iPhoneの隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*3001#12345#*」を入力。そして、発信ボタンをプッシュするというもの。すると画面に「Field Test」のメニューが表示されるのです。

ここでメニューから「Serving Cell Measurements」をタップ。これで表示される項目のうち「Average RSRP」に電波強度が表示されるのです。なお、iOS10まではテストモードに入ると電波強度のバーが数値化され、より具体的に知ることができました。しかし、iOS11からは電波の数値化には対応しなくなっています。

Androidの隠しコマンドも電話アプリ

Android端末に共通の隠しコマンドもあります。Android端末の「ネットワーク変更」の隠しコマンドは、電話アプリを起動して「*#*#4636#*#*」と入力するのです。

これで画面には「テスト中」という表示とともに、メニューがいくつか表示されているはず。端末によって表示されるメニューに違いがあるようです。ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択。通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。

LTEが不安定な地域などで、3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げるのです。同じ画面内で「電波強度」の数字も確認できます。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneとAndroidで使える「隠しコマンド」とは?