iPhoneで数字を連続して入力しようとしたら「~」など、意味不明の変な記号が出てきて困惑した経験があるはず。これはある種の機能が働くためですが、あまり使わなかったりもします。この問題を解消することで、iPhoneの「数字とかな」のキーボードをすばやく切り替えられるようになるのです。

iPhoneは数字連続入力で記号が出る

iPhoneユーザーの多くは、キー入力にフリックを使っているでしょう。フリック入力とは、キーをタップしたままスライドさせて別な文字を表示するもの。「あ」を左にフリックして「い」、上にフリックして「う」を入力する、おなじみの入力方法です。

実は、数字にもフリック入力が割り当てられていて、フリック操作でさまざまな記号の入力が可能です。「0」を左にフリックすると「~」、「0」を上にフリックすると「…」が入力できます。

ところが、iPhoneを初期状態で使っていると、同じキーを続けて押すとフリックで出るはずの文字が現れるのです。「あ」を2度続けて押すと「い」、3度押すと「う」となってしまいます。

これは、フリック入力だけでなく、10キーがあった時代の携帯電話の入力方法「トグル入力」もオンになっていることが原因。このため、数字の場合「0」を2回入力すると「0」を左にフリックした時に出る「~」が、「0」を3回入力すると上にフリックした時に出る「…」が表示されてしまっていたのです。

iPhoneで意味不明の記号を防ぐ方法

iPhoneの数字入力でこうした意味不明の記号が出るのを防ぐには、フリック入力だけ使えるよう、iPhoneのキーボードの設定を変更する必要があります。その方法は、まずホーム画面から「設定」アプリを開きます。

そのなかから「一般」→「キーボード」と選び、キーボードの設定画面を表示。設定項目は数多く画面にありますが、そのなかから「かな」という項目を見つけ、「フリックのみ」をオンに変更するのです。

これで、「0」を2回入力したときにそのまま「00」と入力されるようになります。なお、本当に「~」を入力したい場合は「0」を左へフリックすればOKです。

iPhoneフリックのみ設定のメリット

また、キーボードを「フリックのみ」に設定すると、別のメリットがあります。それは、日本語とアルファベット、数字のキーボードの切り替えが早くなるです。

初期設定のままでは、日本語から数字へキーボードを変更する際、左下にある文字種切り替えボタンを2回タップする必要がありました。しかし、「フリックのみ」に設定すると、右下に文字種である「123」「ABC」「あいう」の3ボタンが表示されるようになります。

日本語から数字へは「123」をタップすればすぐ切り替わり、日本語に戻すときも「あいう」をタップすれば一発です。たったひとつの設定で高速入力ができるようになるので、iPhoneでは「フリックのみ」に設定しない手はありません。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneは自動録音アプリで盗聴器になる危険
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhone数字入力「変な記号」が出るのを防ぐ方法