ETC限定の割引があることを考えると、今や高速道路の利用に「ETC」は必須ともいえます。一方で、高速料金のためだけに、数万円もするETC車載器を買うのはもったいないと考えている人も多いはず。実は、ETC車載器は激安中古品を手に入れて使うこと自体は可能です。ただし、そのためには重要な作業がひとつあります。

ETC車載器の中古品を再セットアップ

これから新しくETC車載器を取り付ける場合、一番安く済ませる方法は中古品を入手することでしょう。取り付け作業は自分で行うことになりますが、新品を購入するのと比べ格安になることは確実。中古車載器は使えない、というルールも現在のところありません。

しかし、中古ETC車載器を使う場合、使用前に必ず行わないといけない作業があります。それは「再セットアップ」で、取り付ける自動車の車台番号・ナンバーをETC車載器に情報登録しなければなりません。これは、ETCの利用規程でも決められています。

実際には、この再セットアップ作業を行わなくてもETC車載器自体は動作します。しかし、中古品の場合は前オーナーがどのような車種に付けていたか分かりません。仮に大型車にセットアップされたETC車載器を普通車に取り付けると、ICでの車種判定に引っかかってしまいます。

ETC車載器の再セットアップ不要な場合

それでは、前の持ち主が普通車に取り付けていたものをそのまま普通車で使う場合はどうでしょう。そのまま動作して料金面でも不正はない形にはなりますが、規程違反になることは確かです。また、この状態ではETCマイレージの会員登録もできないので、再セットアップを行うようにしましょう。

さらに、中古車にもともとETC車載器が取り付けられていた場合、規程上は自動車のナンバーが変わる際には再セットアップが必要ということになります。というのも、そのままETC車載器を使い続けると、車載器に登録されたナンバー情報と使用する自動車のナンバー情報が異なるためです。

逆にいえば、中古車を購入してもナンバーが変わらないケースでは、変更する情報自体がないため、再セットアップせずそのまま使い続けられます。例えば、練馬ナンバーの中古車を練馬区在住の人が購入するといった場合がこれに当てはまります。

ETC車載器を再セットアップできる場所

ETC車載器のセットアップについては、ドライバー自身で行うことができず、認証を受けた「セットアップ店」へ持ち込み、行ってもらう形になります。といっても、ETC車載器を販売しているお店であれば、必ずセットアップ店にもなっています。

セットアップ店の一部には、外部からの持ち込みを受け付けないところもありますが、大手カー用品であれば持ち込んだ車載器でもセットアップを行ってくれます。作業料金は2500~3000円程度で、ETC2.0車載器の場合は登録書類が増える関係上割高な設定になっているようです。

再セットアップの申し込み時に必要なのは、ETC車載器が取り付けられた自動車と車検証、そして本人確認のための運転免許証です。申込書自体はセットアップ店に用意されているので、その場で記入すればOK。大手カー用品店でセットアップを行う場合、約30分程度で作業は完了します。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC車載器は中古品で安く済ますことはできる?