新型オービスとは、2014年と2016年の試験運用を経て、2017年から全国の警察で導入され始めた非定置式の自動速度取り締まり装置です。地面に固定するものもありますが、総じてコンパクトで持ち運び可能なため、設置場所を変えられることが特徴。中でも新型オービス「MSSS」は複数車線を同時に測定できるのです。

新型オービスによる夜間の取り締まり

新型オービスはレーダー波を使って車速を測るタイプでは、定置式の「SWSS」と可搬式の「MSSS」。レーザー式では、半可搬式の「LSM-300-HK」「LSM-100-K」と可搬式の「LSM-300」の存在が確認されています。

このうち、スウェーデンからやってきたセンシス社の簡易移動オービスとも言えるのが「MSSS」です。MSSSは「モービル・スピード・セイフティ・システム」の略。まるで火星人のような見た目が特徴です。

測定ユニット内にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡できます。また、バッテリーは8時間ほどの充電で1,000件の取り締まりが可能と高性能。おまけにデータは40,000件も入ります。

埼玉県では、この新型オービス「MSSS」による夜間の取り締まりが目撃されました。測定ユニットの前方に三脚付きのストロボが置かれたりするので、従来のレーダー式のネズミ捕りより発見しやすいかもしれません。

新型オービスは3車線を同時に計測

新型オービスの「MSSS」のストロボの発光は、従来のオービスのような赤外線ストロボではなく、カメラのフラッシュのような白色のストロボ光であることも報告されています。実際、MSSSの性能をアピールするセンシス社のYouTube公式動画「MSSS vs ポルシェ911」でも、白色に光るストロボを確認することができます。

ちなみに、この動画では300km/hで爆走するポルシェの速度を正確に測定し、フラッシュの閃光でドライバーの顔を恐ろしいほど鮮明に撮影していました。

さらに、アニメーションによる紹介動画では、MSSSはなんと3車線を同時に計測できることをアピール。開示資料では黒塗りされる推奨レポートライン(撮影ポイント)は、動画ではオービスから50m手前となっていました。

このほか、MSSSの取扱説明書の開示資料には「レーダー照射角度(29度)よりカメラ画角(18.5度)が狭いため、取締り車線がすべてカメラで撮影できていれば速度計測が可能」と記載されているのです(写真/オービスガイド)。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「3車線を同時に測定する新型オービス驚きの性能