高速道路を中心に警察の取り締まりが激増しているのが、いわゆる「あおり運転」です。車間距離を詰め、ずっと後ろに張り付いて走行して嫌がらせをする、あおり運転の取り締まり強化自体は歓迎すべき話。しかし、この取り締まり強化が、違った場面での取り締まり強化につながっているのです。

車間距離不保持の点数は高速が高い

警察庁は2018年1月に「いわゆる『あおり運転』等の悪質・危険な運転に対する厳正な対処について」という通達を出し、全国的に取り締まりが強化されています。

あおり運転そのものが該当する交通違反は車間距離を詰め過ぎる「車間距離不保持」です。違反点数は一般道なら1点、高速道路なら2点で高速道路の方が高くなっています。反則金も同様で、普通車の場合は一般道が7千円なのに対し、高速道路は1万2千円です。

この車間距離不保持の取り締まりが、警察庁の通達を受けて全国各地で激増しています。実際、兵庫県警では2018年の摘発件数が前年比7.5倍に増えた、という報道もありました。

ところが、この車間距離不保持で取り締まられるケースは、純粋なあおり運転だけではありません。そのひとつが、スピード違反取り締まりでパトカーが追尾式のスピード測定に失敗したケースです。

車間距離不保持の取り締まりが強化

例えば、追い越し車線で後ろからパトカーに追尾されていることにすぐ気づき減速して走行車線に戻ったとします。その時点でスピード違反の取り締まりは失敗ですが、走行車線に戻ったときに車間が詰まっていてそのまま走行していると、車間距離不保持の違反になってしまうのです。

元々は、悪質なあおり運転の取り締まり強化が警察庁の通達でしたが、実際には車間距離不保持の取り締まり強化になっています。とくに高速道路では、車間距離には十分気を付けたいところです。

また、警察官がスピード違反を逃した場合に、車間距離不保持とともに取り締まられやすいのが「通行帯違反」。2車線以上の高速道路は走行車線と追越車線がはっきり書かれていて、追越車線をずっと走り続けると通行帯違反になるのです。

パトカーに追尾されていると気づいたときには、ひたすら走行車線を安全運転。交通ルールを守ったドライブを心がけることが大切です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速で取締りが激増「車間距離不保持」の注意点