白バイ隊員は交通の流れやドライバーの心理を読み取りながら、時には死角に潜伏して違反車両を検挙しています。なかでも、気をつけるべきは速度違反の取り締まりで使われるクルマの死角に潜り込むテクニックです。白バイが速度違反を狙うときに使う「死角」に入る手順を見ていきましょう。

白バイは速度違反の追尾では赤色灯

白バイが速度違反のクルマを探すときは、まず交通の流れを読みます。信号が少なくて見晴らしがよい橋などはとくにスピードが出やすい場所。長いカーブを上りきったあとの直線なども狙い目です。

とはいえ、白バイの姿を見せてしまうと、警戒して速度を落とすのがドライバーの常。そこで、白バイは大型トラックの前や遅いクルマが作る流れの先頭に回って、追い抜くクルマを死角で待っているのです。

ただし、実際に速度違反を取り締まる際には、赤色灯を点灯させて追尾しなければなりません。追尾式の速度測定に約7秒かかりますが、その間にいかに気づかれないかが重要。このとき、白バイはクルマの死角に潜り込むテクニックを使います。

白バイはクルマの死角に入り続ける

白バイは、まずサイドミラーに映らないクルマの斜め後ろを走行。絶妙な位置取りでドライバーの死角に入ります。そして、ドライバーが信号待ちなどで気を取られた一瞬のスキを突いてクルマの後ろに回り込むのです。

もちろん、白バイ隊員はここでも死角を利用します。今度はルームミラーに映らない絶妙な位置取りをするのです。そして、ルームミラーの死角から追尾して、赤色灯を7秒ほど点灯させてクルマの速度を計測します。

速度違反を確認すると、サイレンを鳴らしてクルマを静止。ここでようやく白バイがドライバーの前に姿を現すというわけ。速度違反の取り締まりで、常にクルマの死角に入り続ける白バイは常日頃、それだけの運転技術を磨いているのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイが速度違反を狙うときに使う「死角」とは