ETCを利用すると、走る時間によって高速料金が自動的に大幅割安になります。その筆頭となるのが「ETC休日割引」と「ETC深夜割引」です。どちらも対象になる曜日、時間帯によって高速料金が30%割引になります。しかし、同じ30%割引でも割引になる路線が違っていて、ETC深夜割引の方がお得になるケースが多いのです。

ETC深夜割引はすべての車種が対象

「ETC深夜割引」は、文字通り夜中に走ると高速料金が30%割引になるサービス。NEXCO3社に関しては、ETCを利用して0~4時に対象路線を走行するとETC深夜割引が適用されます。例えば、昼の12時に出発ICを通過した場合でも、翌日深夜1時に到着ICを降りればETC深夜割引が適用されて30%割引です。

ETC深夜割引がETC休日割引と比べて有利なのは、普通車・軽自動車だけでなくすべての車種が対象になること。もう1つは、ほぼすべての路線が適用になることです。深夜の高速道路で大型トラックの比率が増えるのは、ETC深夜割引の存在が大きいといえるでしょう。

ETC深夜割引の対象路線は、横浜新道・第三京浜・横浜横須賀道路・東京湾アクアライン・第二神明道路・関門トンネルの6路線以外すべて。例えば、東名高速東京IC~御殿場ICの場合、通常料金2570円、ETC休日割引では東京IC~厚木IC間が割引対象外で2130円のところ、ETC深夜割引は全線対象で1800円となるのです。

NEXCO3社以外のETC深夜割引サービス

ETC深夜割引を行っているのはNEXCO3社の高速道路だけではありません。やや仕組みは異なるものの、それ以外の高速道路・有料道路でも、ETC限定で深夜割引サービスを行っているところがあります。

まず、名古屋高速道路はETC利用で22~24時に走行するとETC夜間割引として10%、0~6時の場合はETC深夜割引で20%がそれぞれ通行料金から割り引かれます。

また、定額制を採用している北九州高速と福岡高速では、時間帯割引として平日・土曜日の22~6時にETC利用で走行すると割安料金になります。北九州高速の場合、通常料金510円に対してETC割引料金が480円、福岡高速の場合は通常料金620円がETC割引料金の550円になります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC深夜割引がETC休日割引よりもおトクな理由