アンダーパスや陸橋は、警察による交通違反の取り締まりがよく行われるポイント。ネズミ捕りを行うのに十分なスペースがあったり、白バイや覆面パトカーが待機しやすかったりという物理面に加えて、信号がないためにスピードを出し過ぎてしまう心理面でも、交通違反の取り締まりが行われやすいからです。

追尾式のスピード取締りも行われる

複数の警察官で待ち伏せしてスピード違反を取り締まる「ネズミ捕り」は、計測係と停止係、取り調べ係の3班体制で行われます。計測係が隠れることができて、停止係が道路に飛び出しても危険ではなく、加えて取り調べ係がサインさせるスペースを設置できる道路というのは限られるものです。

その意味で、アンダーパスや陸橋はネズミ捕りが行われやすい場所の1つ。見通しのよい直線でも、アンダーパスから登った場所や陸橋から下った場所にある、取り調べ係のサイがスペースを、ドライバーが発見しにくいという地の利があります。

そのうえ、信号のない直線が続くため、ドライバーはついスピード超過してしまいがち。場合によってはネズミ捕りだけでなく、覆面パトカーや白バイによる追尾式のスピード取り締まりも行われるほどです。

上から見下ろして交通違反チェック

このように、アンダーパスや陸橋はスピード取り締まりには打ってつけのポイントです。速度超過は事故の元にもなります。そういった場所を走行するときは、まずスピードの出し過ぎに注意しましょう。

アンダーパスや陸橋で警察が取り締まるのは、スピード違反だけとは限りません。とくにアンダーパスの場合、上から見下ろして携帯電話の使用やシートベルト未装着などの交通違反をチェックする場合もあるのです。

さらには、こういった場所では進路変更禁止区間が設置されていることもしばしば。日ごろから交通ルールを順守するのは当然ですが、アンダーパスや陸橋ではいつも以上に安全運転を心がけるように注意しましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「アンダーパスで交通違反取締りに注意すべき理由