白黒パトカーで圧倒的に多い車種がトヨタ・クラウンです。これは覆面パトカーも同じ。主流は200系クラウンですが、最近では210系クラウンも増えています。じつは210系クラウンになって覆面パトカーの外観にも大きな違いが現れました。不意の交通違反を取り締まりに備えて、覆面パトカーを見抜く方法を見ていきましょう。

覆面パトカーはルーフ上にフタがある

交通機動隊や高速道路交通警察隊が、交通違反を取り締まるために使用しているのが覆面パトカーです。「交通取締用四輪車」と呼ばれる専用車両が使われています。

200系クラウンの覆面パトカーは、白黒パトカーと同じロイヤルをベースにした3,000ccモデルが使用されていました。しかし、210系クラウンになると、ロイヤルに2,500ccまでのモデルしか設定がないため、覆面パトカーには3,500ccの設定のあるクラウンアスリートが採用されています。

このほか、3,500ccのエンジンを搭載するトヨタ・マークXも覆面パトカーに採用されている車種。こうして、交通取り締まり用の覆面パトカーの外観は、だんだんコワモテになりつつあるので、ある意味、見分けやすくなっています。

そんな覆面パトカーの外観的な特徴で一般車と大きく異なっているのが、フロントグリル内の前面警光灯とルーフ上にある反転式赤色灯のフタです。

覆面パトカーに二段のダブルミラー

覆面パトカーの前面警光灯は追尾中やスピード計測中には点灯しますが、潜伏中に見抜くのは至難の業といえます。また、ルーフ上にある赤色灯のフタも運転席が高い大型車からは確認できますが、乗用車からはまったく見えません。

このほか、リアウィンドウの上に設置されたチョンマゲ型のユーロアンテナも、覆面パトカーの外観的な特徴です。ただし、都道府県警によっては屋外にアンテナを設置していないケースもあります。

外観的特徴ではありませんが、ルームミラーが上下二段のダブルミラーというのも、覆面パトカーならではの装備です。ただし、覆面パトカーはリヤガラスにスモークがかかっている場合が多く、車内の様子が見えづらいという特徴もあります。

むしろ、青い制服の男性2人が搭乗していることが覆面パトカー最大の特徴かもしれません。ヘルメットで乗車することもあるので、追い抜くクルマの車内に注目してみましょう。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「覆面パトカーを見抜くための外観的特徴とは?