「有料番組が無料視聴」といったタイトルのスパムメールを受け取ったこと経験があるはず。中には写真を出して、ツイッターなどで堂々と販売している者もいますが、使えるかどうかは不明です。はたして、実際にそのようなことができるのでしょうか。有料番組が無料視聴できるという商品を注文してみました。

B-CASカード改造で逮捕者が出る事態

“有料番組が無料視聴”については、これまで数多くの手法が研究・検証されてきました。中でも、衝撃的だったのが、2012年初夏に報じられたB-CASカードを改造するという手口。とあるツールを利用することで、自らの手で書き換えできてしまうことが判明。大きな問題となったのは記憶に新しいところです。

結果的に、B-CASカード改造で逮捕者が出る事態にまで発展。大騒動は急速に終息し、専用ツールも表には出なくなりました。

その頃から増え始めたのが「魔法のB-CASカード」をうたうスパムメール。書き換えにより、実際に有料放送が見られることが知られているだけに、違法と分かっていても思わずクリックしてしまう人はいまだにいる模様です。

改造B-CASカードではなくUSBメモリ

最近の調査では「有料番組が無料視聴」のスパムメールで実際に購入すると、ICカード型のUSBメモリが届くケースがありました。販売サイトをよく見ると、1番下に小さい文字で「この商品は違法な改造B-CASカードではありません。USBです。」と書かれていました。くれぐれも注意しましょう。

有料放送のタダ見ツールとして「TVRadius」というアンテナも、新たに登場しています。広告には「他のアンテナが拾うことができなかった無線テレビシグナルを拾える新しい『スーパー』アンテナです」などというもっともらしい解説があります。

しかし、実際には単なる室内用の地デジアンテナの模様。確かに地デジはHD画質にて無料で放送されているのでタダで見られます。購入ページでは「35%オフが適用されました」と表示され、35.74ドルをPayPalかクレジットカードで要求される仕組み。室内用の地デジアンテナなら、金額的には適正価格ではあります。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「有料番組が無料視聴」スパムメールで届くもの