電気機器で多いのが接点トラブルです。「USBメモリを差しても認識しない」「ヘッドホンの音がビリビリ割れる」…こうした場合、USBメモリやヘッドホンが壊れているのではなく、電気接点に問題があることがほとんど。そして、このような接点トラブルは、身近にあるアイテムで簡単に復活させることができます。

鉛筆で電気接点トラブルを復活させる

電気機器の不具合で、原因が接点トラブルにあることはなかなか気づきにくいもの。電気接点が明らかにさびていればすぐわかりますが、多くの場合は金ピカに光っていて調子が悪そうには見えません。

しかし、部屋の空気には料理の油やシャンプーに含まれるシリコン成分などが微量ながら混じっています。これらは接点にこびり付きやすく、それが原因でヘッドホンで雑音が発生したり、接点不具合の症状が現れてしまうのです。しかも、ティッシュペーパーやぞうきんではなかなか汚れが落ちません。

そこで、ホームセンターには不調になった電気接点を綺麗に磨くための「接点復活剤」などの商品が売られています。しかし、実はもっと身近にあるアイテムで、接点を簡単に復活させる方法があるのです。

接点トラブルに効くアイテムとは「鉛筆」。文具店や100均ショップで販売されているごく普通の鉛筆です。鉛筆は硬さなどでさまざまな種類がありますが、とくにこだわらずに手に入るものを選べば大丈夫。ただし、色鉛筆は効果がありません。

接点だけでなく弱った電池も復活する

鉛筆で接点を復活させる方法は、差す側の接点を鉛筆で磨くようにこすったあと、抜き差しを2~3回行います。このセットを数回繰り返せば、接点の調子が大幅に回復。ヘッドホンが丸形端子の場合、回しながら抜き差しするとさらに効果的です。

実は、鉛筆の主成分のうち、黒鉛は電気をよく通す物質として知られ、粘土はガラス磨きなど細かい研磨作業にも使われています。鉛筆で接点を磨くことは、黒鉛・粘土両方の特徴を一気に引き出せる方法なのです。

また、鉛筆は電気接点だけでなく弱った電池を復活させることにも使えます。急にテレビのリモコンが効かなくなったり、長く使っていなかった懐中電灯が点灯しない、といったトラブルは一度は経験したことがあるでしょう。

こうした場合、接点復活と同じ要領で電池のプラス・マイナス両極を鉛筆で磨くと、電池の電圧が回復して使えるようになるのです。一般的な乾電池以外にもデジカメのニッケル水素電池やリチウムイオン電池などにも活用できます。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「接点不良や弱った電池「鉛筆」で復活させる方法