商品の良し悪しの参考にしたくても「やらせレビュー」が一向に減らないのが世界最大のショッピングサイト「Amazon」です。もはや星の数だけでは、商品の良しあしは全く判断できないといっても過言ではありません。そこで、Amazonレビューでやらせを見破るための最新テクニックを紹介しましょう。

Amazonレビューは評価でやらせを見抜く

Amazonのレビューでやらせを見抜く1つめの最新テクニックは「評価が大きく偏っている」こと。自作自演したやらせレビューは「★5」となる一方で、実際にやらせレビューに騙されて購入したユーザーが「★1」を付けるからです。ここ最近は競合他社からの嫌がらせとして「★1」が入れられるケースが急増しています。

Amazonのレビューでやらせを見抜く2つめのテクニックは「投稿者名が日本人のフルネーム」であること。やらせレビューを中国人が記入する場合、投稿者の名前にわざわざ日本人の名字と名前を使うケースがあります。日本人でレビュー投稿の際に実名を使う人は、ほとんどいません。実名フルネームで高評価なら要警戒です。

レビューでやらせを見抜く3つめのテクは「レビューの投稿が1件のみ」であること。1件しか投稿実績が無かったり、同一メーカーの複数の商品に連続して高評価を付けているレビュワーがいる場合も要注意です。一時期、やらせレビュー用のAmazonアカウントを数多く取得して集中的にレビューする行為が多発していました。

Amazonレビューの「やらせ」の文字数

Amazonレビューでやらせを見抜く4つめのテクは「文字数が同じ投稿が多い」ことです。クラウドソーシングでのやらせレビュー募集は「100文字以上」「写真2枚」などあらかじめ文字数や条件を設定しているケースがほとんど。この条件をクリアするために、やらせレビューはどれも文字数が似たり寄ったりになるのです。

レビューでやらせを見抜く5つめのテクニックは「米Amazonのレビューもチェック」すること。米Amazonは、日本よりもやらせレビューへの取り締まりが厳しいことで有名。やらせレビューの疑いがある出品アカウントは、ドンドン凍結されています。同一商品が米Amazonでも販売されていないか、チェックするとよいでしょう。

レビューでやらせを見抜く6つめのテクは「発売間もないのにレビュー数が多い」ことです。発売直後なのにレビュー数が多い商品はかなり危険。有名ブランドやテレビで取り上げられた消耗品なら発売直後にレビューが入るのは分かりますが、知名度の低いアイテムに発売数週間で数百件のレビューはかなりのレアケースです。

【関連リンク】
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonやらせレビューが量産される仕組みに遭遇

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「Amazonレビューで日本人のフルネームは要警戒