CDが誕生した1980年代当時、CDは音が劣化せずに100年は持つと言われていました。一方で「昔のCDが壊れて聞けなくなった」というツイートをちらほら見かけます。半永久ともいわれた「CDの寿命」は、保存状態によっては意外に短いのでした。CDの寿命について、詳しく見ていきましょう。

CDは購入して数十年経つと劣化が進む

結論からいえば、CDそのものに○○年といった決まった寿命はありません。しかし、購入してから数十年経つと劣化が進むこともこれまた事実なのです。その理由は、CDの構造にあります。

CDは音データを記録する薄いアルミニウムの面を、2枚の樹脂面で挟む構造です。このうち、アルバム名などが印刷される側の樹脂が薄く、傷みやすくなっています。

とくに、CDが誕生した80年代はまだ製造技術が確立されていなかったため、品質にばらつきがあったようです。それから30年以上が経ち、質の悪いCDが聞けないという話が数多く出てくるようになったわけです。

CDの寿命によくない湿気の多い場所

もっとも、CDの寿命は保管状態によっては数十年どころか数年でダメになることもあります。一番よくないのはCDの面を指でベタベタ触り、そこにカビが生えるケース。無理にこすって取ろうとするとアルミニウムまで削ってしまい、再生できなくなります。

CDの寿命によくないのは湿気が多い場所。アルミニウム面をはさむ樹脂には、ごくわずかですが水蒸気を通す性質があります。入り込んだ水蒸気多くなるほど、それが原因で記録面が徐々にさびる可能性が高くなります。

また、太陽光が直に当たるような場所もCDの寿命によくありません。これは、強い太陽光がCDに入り込んだ水蒸気とアルミニウム面の化学反応を進ませるため。また、夏の車内などの高温環境はCD自体を変形させダメにしてしまうので要注意です。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「半永久ともいわれた「CDの寿命」は意外に短い