最近、にわかに「ダークウェブ」が注目ワードになってきました。“インターネットの闇社会”といった表現をされることが多いため、何となくアングラで怖いイメージが先行している人も少なくないでしょう。ダークウェブには、ありとあらゆる違法な情報や物があふれています。その実態を解説します。

ダークウェブとは匿名インターネット

我々が普段Googleなどで検索してアクセスするWebサイトは「表層ウェブ」といわれ、インターネット空間全体のわずか4%程度に過ぎません。それ以外の96%を「ディープウェブ(深層ウェブ)」と呼びます。

そこには、会員制サイトや大学などの学術データベースといったクローズドなネットワークが含まれ、通常の検索ではたどり着けないWebサイトが存在。その中にダークウェブがあるのですが、ディープウェブとの違いはその「匿名性」です。

ダークウェブは専用のソフトを使い、「Friend-to-friend」ネットワークで分散・暗号化するため、利用者の発信元(IPアドレス)が秘匿されるのが特徴。そのため、犯罪の温床になりやすいのです。

ダークウェブにはTorブラウザを使用

ダークウェブには、ドラッグ・銃・クレジットカード番号などが売買されるブラックマーケットや、児童ポルノ、殺人依頼とありとあらゆるイリーガルな情報が集まるのは事実です。

しかし一方、「Wikileaks」といった機密情報公開サイトや政府の検閲の目から逃れた反体制派の情報源になっている面もあります。「Tor」「Freenet」「I2P」がその代表です。

Tor(トーア)は、もともとは米海軍調査研究所が軍事利用のために開発した暗号通信方式「オニオンルーティング」を用いたインターネット網。Torブラウザを用いてアクセスするのが一般的です。「Tor Project」へアクセスし、対応するOSのソフトをダウンロード。ソフトを起動するだけです。

【関連リンク】
迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「闇のインターネット「ダークウェブ」の実態とは