高速道路のETC割引のなかで、最強ともいえるのが「平日朝夕割」です。平日の朝と夕方に高速道路を何度も利用することで、最大50%の還元が受けられるため、ETC休日割引やETC深夜割引以上に高速料金が安くなるケースもあります。ETC平日朝夕割がどのような人にとっておトクなのか、具体的に見ていきましょう。

ETC平日朝夕割は郊外路線が割引対象

NEXCO3社が行っているETC平日朝夕割は、祝日を除いた月~金曜日の6~9時・17~20時に高速道路を利用した場合、利用回数に応じた還元が受けられるというものです。このETC割引には、一般のETCカード向けとETCコーポレートカード向けがありますが、ここから先は一般のETCカード向けに絞って見ていくことにします。

一般のETCカードでは、平日朝夕割の還元は「ETCマイレージ」の仕組みを使って行われるため、利用するにはあらかじめETCマイレージへの会員登録が必要です。そのため、ETC車載器搭載の自家用車を持っていないと利用できないサービスでもあります。

平日朝夕割の対象路線は東京・大阪近郊で「大都市近郊区間」に指定されている区間以外で、最大100km分相当が還元対象です。還元率は毎月の対象路線利用回数で決まり、5~9回で30%、10回以上が50%です。また、1日で還元対象となるのは朝1回、夕方1回のみで、利用回数のカウントについても同様です。

ETC平日朝夕割は違うルートでもOK

ETC平日朝夕割の還元の仕組みから見る限り、平日朝夕割は地方部で高速道路の通勤利用を勧めるためのサービスといえますが、毎日同じルートを走行しなければダメというわけではありません。朝に宇都宮IC~矢板ICを走り、その日の夕方に矢板IC~白河ICまで走るといったパターンでもそれぞれ1回にカウントされます。

また、大都市近郊区間は対象路線外なものの、連続してそれ以外の区間(普通区間)を走れば、その部分について平日朝夕割の還元が受けられます。このときの時間判定は、大都市近郊区間部分もあわせて行うため、例えば8時59分に東京ICから乗った場合でも厚木ICより西側の利用分が還元対象になるのです。

なお、平日朝夕割引とETC深夜割引の両方受けられる時間帯に走行した場合、ETC深夜割引の方が優先されるため注意が必要です。ETC深夜割引は、大都市近郊区間でも一部路線を除き適用される便利なサービスですが、平日朝夕割で50%還元を受ける方が割引率で上回るケースも出てきます。

距離が長いほどETC平日朝夕割は減る

それでは、平日朝夕割はどのようなドライバー向きのサービスといえるのでしょうか。まず、通勤のように還元対象路線のみを100km以内で何度も走るドライバーが一番おトクなことは間違いありません。割引率にすると50%還元が約45%、30%還元が約27%ですが、ETC休日・深夜割引並みかそれ以上に割安です。

逆に、100kmを超えて走る場合、実は距離が長くなればなるほど、ETC平日朝夕割の還元金額が下がっていきます。細かい計算式は省きますが、ちょうど100kmの小諸御影IC~妙高高原ICでは50%還元が1430円なのに対し、還元対象区間が400km近くある東京IC~西宮ICの場合、50%還元でも1060円に減ってしまうのです。

また、東京・大阪に住むドライバーは当然還元対象外の利用が多く、有利とはいえません。とはいえ、郊外まで3往復すれば30%対象になる上、大都市近郊区間や首都高速・阪神高速でも還元金額の利用はできます。ETCマイレージ登録に会費がかかるわけではないので、都心のドライバーも登録しておいて損はないでしょう。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「最大50%還元「ETC平日朝夕割」で得する人は?