エネループなどの充電池で気を付けたいのが、長期間放置してしまうことで起こる「過放電」です。一度、過放電になった充電池はいくら充電してもバッテリーとしての機能を果たさなくなるのです。ところが、100均で売られている充電器で、過放電で充電できなくなった充電池が復活しました。その理由を見ていきましょう。

100均の充電器で過放電から復活した

100均ショップのダイソーでは、単3形・単4形の充電池が販売されており、それを充電するための充電器も販売されています。価格はもちろん税抜き100円。この100均の充電器で過放電した充電池を復活できるのです。

まずは、過放電になったエネループを用意しました。過放電した充電池はいくら充電をしても「LOW VOLTAGE」という表示。こうなったら純正の充電器では太刀打ちできない状態です。

そこで、鉄の塊と化してしまった、充電池を100均の充電器で充電。1日くらい充電したままにしておきます。すると、見事に完全復活。エネループの純正容量が1,900mAhなのに対し、1,773mAhにまで性能を取り戻せました。

100均の充電器は電流を流し続ける

実は100均の充電器、安いがゆえにセンサー類が搭載されておらず、電流をひたすら流し続ける仕様になっています。普通は満充電になったらセンサーが反応して止まるのですが、延々と流し続けてしまうという困った特性があるのです。

完全なる不具合なのですが、実は過放電した充電池には都合がイイのです。充電池は、充電せずに長期間放置すると内部に大きな負荷がかかり、過放電状態になってしまいます。

充電池は一度過放電させてしまうと、純正の充電器では充電不可能。そんな場合に、100均の充電器を使って充電すると、電気を無理やり流し続けることで復活することがあるというわけです。

【関連リンク】
アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!
単三電池を100均で買うならセリアがスタミナNo.1

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「100均の充電器で過放電の充電池が復活した理由