海外プリペイドSIMは、短期間の海外旅行の時に重宝します。中には、日本でも利用できるものもあり、それとSIMフリースマホを組み合わせてLINEなどのアカウントを作れば、匿名スマホと身元不明のLINEアカウントが作れるのです。日本と海外のプリペイドSIMカードの使い勝手を調査しました。

プリペイドSIMでLINEアカウント登録

まず、プリペイドSIMには日本で開通できるものとできないものがあります。現地通信会社の電波を拾うため、日本の通信事業者の電波には対応していないSIMカードがほとんどです。

しかし、タイの「AIS」や「TRUE MOVE」は日本で開通できるものをラインアップしています。特に信頼できるのは、AISの「SIM 2 Fly アジア16カ国プリペイドSIM」。データ通信専用SIMですが、SMSが使えるためTwitterやLINEの登録時にSMSに送信される番号を入力すればアカウントの開設が可能です。

しかし、1つ難点はタイのアカウントになってしまうこと。日本のLINEが提供するサービスの利用は限られますが、IDでのユーザー検索は可能です。

LINEで複数アカウントを登録する

日本のプリペイドSIM「Wi-Ho! プリペイドSIM」(テレコムスクエア)も調査しました。これは羽田や成田といった空港で購入できる090・070番号が付いたSIMカードで、開通から2週間は10分以内の通話であれば無料という通話専用のSIMカードです。日本への短期旅行者たちには、重宝されるでしょう。

購入にはパスポートが必要なため、完全な匿名スマホにはなりませんがLINEアカウントの作成などはできるようです。ただし、Wi-Ho! プリペイドSIMは、SMSに対応していません。

しかし、LINEの登録時に通話による認証番号を選択すればOK。日本版LINEでLINE Payの登録が可能で、複数アカウントを作れば1人で何回もキャンペーン応募ができてしまう可能性があります。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「プリペイドSIMでLINEの複数アカウントを登録する