職務質問の際に無線で行われる身分照会では、犯罪歴や自動車運転免許の有無、そして指名手配犯まで個人に関する情報が伝えられています。ただし、無線から漏れ聞こえてくる内容は数字やアルファベットの通話コードです。そこで、職務質問の身分照会で自分が何の容疑なのかを知る方法を見ていきましょう。

職務質問で使われる通話コードの意味

職務質問では、自転車の登録番号や運転免許証などで「照会」が行われることもしばしば。この時、対象者に照会内容が分からないように通話コードが使われています。逆にいえば、照会内容の通話コードの意味を知っていれば、今の自分にどんな容疑がかけられているのか分かるということです。

実際の職務質問では、警察官が「免確(めんかく)による男、総合(そうごう)1本願います」と照会します。ここで「免確」とは運転免許証による氏名確認のこと、「総合」とは犯罪歴や指名手配などをまとめて照会の意味です。

続けて氏名などを伝えると、照会センターから「A号ヒット、送ってよろしいか?」という照会内容が来ます。「A号ヒット」とは犯罪経歴ありという意味。ちなみに「B号」は指名手配、「C号」は盗品、「M号」は家出人手配となります。

このほかの通話コードには「S1号」が少年非行歴、「S2号」が暴走族、「Z号」が暴力団員、「車両C号」が盗難車という内容です。

パトカーによる職務質問の身分照会

さらに、照会センターからは「平成20年7月10日、08(ぜろはち)で神田にて現逮(げんたい)」といった照会内容が送られてきます。「現逮」は現行犯逮捕、「08」は覚せい剤という意味です。

犯罪の種類の略号は「01」が殺人、「02」が強盗、「03」が強姦、「04」が窃盗、「05」が公務執行妨害、「06」が暴行、「07」が銃刀法違反、「09」が凶器準備集合罪、「10」が放火。「00」は該当なしとなります。

なお、職務質問で無線による身分照会を行うのは、主に自転車で巡回している警察官です。警察無線の交信は地域性があるため、職務質問の身分照会は各警察本部ごとに微妙に異なる部分があります。パトカーにはPATシステムが搭載されているので、身分照会はデータ通信。音声通話による照会は行われません。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「職務質問の「照会」で何の容疑なのかを知る方法