ETCを利用するためにクルマに取り付けるETC車載器は、カー用品店だけでなくさまざまな通販ショップでも売られています。しかし、通販で購入して自分で取り付けても、そのままではETCを使うことができず、必ず「セットアップ」と呼ばれる作業が必要です。ETC車載器のセットアップ作業は一体何のために行うのでしょうか。

ETC車載器はセットアップが必要になる

ETC車載器にセットアップが必要な理由は、高速道路の料金を決める「車種区分」の情報を記録するためです。高速道路料金には自動車の大きさなどにより5段階の車種区分があり、通過ICでETC車載器から無線で送られる車種情報を利用して、通行料金を計算する仕組みです。

5段階の車種区分は、通行料金が安い順に「軽・二輪等」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」となっています。このうち、軽・二輪等は軽自動車と自動二輪車・小型特殊自動車が該当し、普通車は普通乗用自動車と小型自動車で、ナンバープレートで言えば3ナンバー、4ナンバー車、5ナンバー車が対象となります。

中型車以上は複雑になりますが、大まかにいうと中型車がマイクロバスと5t車以下のトラック、大型車が中型バスと大型トラック、特大車が大型バス・トレーラー・クレーン車などの大型特殊自動車…という区分です。

ETC車載器のセットアップには車検証

ETC車載器のセットアップ作業は個人で行うことができず、必ずセットアップ店を通じて行う仕組みです。そのため、通販でETC車載器を購入し自分で取り付けたとしても、セットアップ作業だけはお店に頼むことになります。

ETC車載器を販売するカー用品店の多くはセットアップ作業も受け付けていて、作業料金は2500~3000円程度です。セットアップの際には、専用の申込書のほかに車検証と運転免許証など申し込む人の身分を証明する書類が必要となります。

多くのセットアップ店は、作業をオンラインで行う仕組みになっているため、1時間程度で作業は終了。ETCカードを持っていれば、その日からETCを使えるようになります。

中古車のETC車載器は再セットアップ

ここで、すでにETC車載器が付いている中古車を買った場合、再度のセットアップ作業は必要になるのでしょうか? 実は、有効なETCカードを挿せばそのまま使い続けることが可能です。走行した高速道路の通行料金はETCカードの持ち主に請求が届くので、前のオーナーに迷惑をかける心配もありません。

しかし、厳密にはこうした使い方は「ETCシステム利用規程」に違反するケースが出てきます。というのも、この規程のなかにETC車載器を取り付ける自動車ナンバーが変更になった際には再度セットアップしなければならない、という項目があるため。多くの場合、中古車は名義変更時にナンバープレートも変更となるため、規程上はETC車載器の再セットアップが必要です。

逆にいえば、購入した中古車のナンバーが変わらないケースであれば、再セットアップは不要ということになります。例えば、品川区に住む人が車検の残っている品川ナンバーのETC車載器付き中古車を購入した場合、ナンバープレートは変わらずそのままなので、ETC車載器も再セットアップせずに使い続けてOKです。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC車載器に必要な「セットアップ」作業とは?