中部地方の中心ともいえる愛知県内には、さまざまな観光スポットが尾張地方・三河地方に揃っています。そのな中から観光スポット38か所とNEXCO中日本がタイアップしたETC乗り放題プランが現在販売中です。乗り放題となるエリアが広く、多彩なドライブプランに対応できるの特徴なので、ぜひ活用してみてください。

お買い物券とETC乗り放題パスがセット

「ドライブtoあいち(首都圏発着)」は、愛知県内にある観光スポット38か所で使える500円お買い物券10枚とETC高速道路周遊パスがセットになったプランです。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、申し込みは利用前日まで受け付けています。

セットのお買い物券は、ショッピング以外に入館料などにも使用可能。国宝の犬山城、明治村・徳川美術館といった博物館や美術館、観覧車で有名なハイウェイオアシス刈谷など多彩な施設で使え、うち11施設のお買い物券引き換えポイントでは引き換え時の特典も用意されています。

お買い物券については、事実上5000円分の商品券を同額で購入する形になるため、引き換え時の特典のみが割引要素といえます。そこで、次にETC高速道路乗り放題部分がどの程度おトクになるのかを見ていくことにします。

使い方で大幅割安のETC乗り放題プラン

「ドライブtoあいち(首都圏発着)」の発着エリアは、八王子西IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・西湘二宮IC・石橋IC・箱根口IC・大井松田IC・相模湖ICに囲まれた路線に設定。小田原厚木道路や西湘バイパスも含まれています。

一方、乗り放題エリアには愛知県だけでなく静岡・三重・岐阜の3県も含まれていて、新静岡IC・静岡IC・四日市南IC・菰野IC・東貴IC・大垣IC・岐阜各務原IC・五斗蒔スマートIC・土岐ICに囲まれた幅広いエリアとなっています。高速道路乗り放題の有効期限は3日間で、価格は普通車1万円です。

発着エリア・乗り放題エリアとも広いため、使い方によって大幅割安にも割高にもなるのがこのプランの特徴ともいえます。とはいえ、それほど無理に高速道路を使わなくてもおトクになるケースは多く、例えば東京ICから犬山城最寄りの小牧ICまで片道平日、片道土日で往復した場合、往復の通行料金は1万3000円で、これだけで3000円割安です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「広い高速周遊エリアが特徴のETC乗り放題プラン