オービスによる無人式のスピード違反の取り締まりは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで速度違反者を自動的に撮影。撮影された写真のナンバーから判明した、クルマの持ち主を呼び出して違反キップを切るシステムです。それでは、前方にナンバープレートがないバイクでオービスに撮影されるとどうなるのでしょう?

オービスでバイクは取締りの対象外

無人式の取り締まり装置であるオービスの写真が、スピード違反の証拠となるには、ドライバーの顔とナンバープレートが、同じカットに写っていなければならないという条件があります。ということは、車両の後方にしかナンバープレートが付いていないバイクは取り締まれないということでしょうか。

確かにバイクは、オービスによるスピード取り締まりの対象にはなりません。オービスが光っても物理的にナンバーは写りませんし、フルフェイスのヘルメットを被っていれば顔を判断するのは不可能です。

とはいえ、あまりにも悪質であれば、車種やヘルメットの形状から本人が特定されます。そもそもスピード違反の取り締まりはオービスだけではなく、ネズミ捕りやパトカー追尾でも行われるものです。

バイクでオービスに18回撮影された

そして、特定の時間帯に特定の場所を通る特定の車種という情報から警察にマークされれば、取り締まりから逃れられません。実際、バイクでオービスに4か月に18回撮影された男が大阪府警で逮捕されたという報道もありました。

ちなみに、レンタカーを運転中にスピード違反でオービスに撮影された場合はどうなるのでしょう。たしかに、オービスの呼び出しはクルマの持ち主に届くシステムです。

しかし、レンタカーならスピード違反から逃れられるのかというと、そんなことはありません。警察は、レンタカー業者から契約者情報を得られるので、呼び出しのお知らせ「出頭命令通知」が運転者の自宅に届くのです。レンタカーだとしても、オービスによるスピード違反の取り締まりからは逃れられないのでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「バイクはオービスの速度違反取り締まり対象外?