警察署や交番に勤務する普通の警察官が着る制服と違い、交通違反取り締まり専門のパトカーや白バイに乗る警察官は、上着の丈が短い独特な制服を着ています。色も青色とほかでは見かけないもののため、覆面パトカーを見分けるポイントの一つとなることもあります。この、交通違反取り締まりで見かける制服はいくらするのでしょう。

白バイ隊員の制服は「交通乗車服」

各都道府県警察の交通機動隊・高速道路交通警察隊に所属し、交通違反の取り締まりに活躍する白バイ隊員や警察官は、普通の警察官とかなり違う形の制服を着用しています。これは「交通乗車服」と呼ばれるもので、1990年から全国統一のデザインになっています。

交通乗車服には、季節により冬服・合服・夏服の3種類があるほか、冬服シーズンの寒い日用の防寒服もあり、合計4種類となります。なお、各服の着用期間は決まっていて、冬服・防寒服が11~4月、合服が5~6月と10月、夏服が7~9月です。

いずれのタイプも、上衣は丈が短いブルゾン形で、合わせボタンがダブルの3列になっているのが特徴。上衣が短いのとは逆に、ズボンはウエストよりかなり上まで丈がある作りになっていて、外からは見えないものの女性警察官用についてはサロペットも付いています。

夏服はスカイブルーに近い明るい青色

上衣の色は冬服・合服・夏服はいずれも青色で、ズボンの色も同じです。ただし、夏服の上衣は冬服・合服の落ち着いた青色と違いスカイブルーに近い明るい青色になります。

一方、最も寒い時期に着る防寒服については上下ともほぼ黒色に近い青色。材質も、他の交通乗車服が布製なのに対し、風を通さないように革製もしくは合成皮革製と指定されています。

ほかの警察官が着る制服同様、交通乗車服にも階級章・識別章があり、合わせボタン上側の左胸に取り付けられています。また、左肩には「交通乗車服記章」というエンブレムもあります。

冬服・合服・夏服は上下で2万7000円

それでは、各都道府県警は交通乗車服をどれぐらいの価格で導入しているのでしょう。調べてみると、2019年に大阪府警が購入したときの金額がわかりました。

大阪府警の場合、交通乗車服の購入に関しては「上衣」「ズボン」「夏服ズボン」「防寒服上衣」「防寒服ズボン」の5種類に分け、それぞれ1着○○円という形で契約しています。冬服・合服・夏服の上衣、冬服・合服のズボンはそれぞれ同じ価格ということのようです。

そして、2019年の場合それぞれの購入価格は上衣が1万6240円、ズボンが1万960円、夏服ズボンが9710円、防寒服上衣が3万3900円、防寒服ズボンが2万9000円でした。冬服・合服・夏服は上下あわせて約2万7000円、防寒服が6万3000円になる計算です。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「白バイ隊員が着用している青色の制服はいくら?