いまや高速道路を走るドライバーにとって欠かせなくなっている「ETC」。ETC利用限定での通行料金割引サービスがあるという点でも見逃せません。そうした通行料金割引のうち、土曜・日曜・祝日が対象になる「休日割引」がどのようなものか詳しく見ていきます。NEXCO各社以外の有料道路でも導入されているので要チェックです。

普通車・軽自動車がETC休日割引

多くのドライバーがETCを使う理由として、一番にあがるのは通行料金の支払いが楽ということでしょう。実際、ETCを利用すれば「料金所で通行券を受け取る」「現金・クレジットカードで通行料金を支払う」といった手間が省けます。

しかし、ETCのメリットは支払い方法だけに限らず、走る時間帯による通行料金面での優遇もあります。その代表的なものが、NEXCO3社が行っている「休日割引」。割引対象になるのは、高速道路の料金区分で普通車・軽自動車にあたる自動車で、1ナンバーのトラックや2ナンバーのバスは対象外です。

ETC休日割引の割引率は30%で、土日祝日の4~24時に高速道路内を走ることで適用になります(0~4時の場合、深夜割引扱い)。例えば、東北道仙台宮城IC~青森ICを走行した場合、通常料金が7620円に対して休日割引は5330円と2000円以上割安です。

ETC休日割引の適用外になる路線は?

週末に乗用車やバイクで走る人であれば、ETCを使うだけで割引になる休日割引はぜひ活用したいところ。しかし、NEXCO3社の道路でも、いくつかの路線は適用にならないので注意が必要です。

ETC休日割引の適用外になる代表的な路線は東京、大阪周辺の大都市近郊エリアで、東京近郊の場合、成田空港・谷田部・加須・東松山。八王子・厚木・厚木南の各IC内側と圏央道の久喜白岡IC~茅ヶ崎JCT、新湘南バイパス・京葉道路・第三京浜道路・横浜横須賀道路・横浜新道が休日割引になりません。

また、大阪近郊については大津・瀬田東・巨椋池・城陽・天理・信条・岸和田和泉・綾園・西宮・西宮北・川西の各ICから大阪よりが休日割引対象外。なお、NEXCO西日本が管理しているもののETC自体が使えない関門トンネルも当然ながら休日割引対象外です。

NEXCO以外でもETC休日割引を実施中

NEXCO3社以外が管理する高速道路でも、ETC限定の休日割引を実施しているところがあります。まず、四国と本州を結ぶ本四高速には普通車・軽自動車向けのETC休日割引を実施中。割引料金がIC間ごとに細かく決められていて単純に「○%割引」となりませんが、最大で50%割引となるケースもあります。

また、中国地方を南北に結ぶ播但連絡道は普通車・軽自動車限定で休日30%のETC割引があります。この割引は、姫路JCT~和田山ICの全線を利用すると割引率が40%にアップし、通常1440円のところが880円で済みます。

さらに、割引率は下がりますが名古屋・福岡・北九州の各都市高速にもETC休日割引を行っています。名古屋高速の場合、日祝日利用で10%割引。定額制の福岡・北九州高速では土曜と日祝日でETC割引料金が違い、福岡高速の場合通常620円のところが土曜580円、日祝日が550円、北九州高速は通常510円が土曜500円、日曜470円となります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ