お盆は年間で最も新幹線が込み合うシーズンです。旅行や帰省で新幹線の指定席が取れずに、やむなく自由席の空席狙いで腹を決めた人も多いでしょう。実は新幹線は、車両によって座席数が違います。このため、自由席は座席数の多い車両を選べばそれだけ座れる確率が高くなるのです。混雑時の新幹線で役立つ豆知識を紹介しましょう。

混雑時の新幹線自由席は偶数車に並ぶ

混雑時の新幹線自由席に並ぶとき、ホームに並ぶ人の列の長さで乗る車両を決めている人も多いでしょう。「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車。実は選ぶ車両で30席以上も違っているのです。

1号車は運転室があるため座席数が最も少ない車両。さらに奇数号車は、トイレなどが設置されるため座席数が減ります。例えばN700系は、運転席とトイレのある1号車の座席数は65席、またトイレがある3号車の座席数は85席です。

しかし、トイレなどが設置されていない2号車の座席数は100席。1号車と比べると2倍近い座席数の違いがあることになります。3号車と比べても10席以上の差になります。混雑時の新幹線自由席に乗るなら、偶数号車に並ぶのが正解です。

混雑時の新幹線自由席はB席も狙い目

新幹線の自由席は通路をはさんで3席と2席という構成。3席の窓側から「A・B・C」、2席の通路側が「D」、窓側が「E」となっています。このうちB席は、両側を席に挟まれているため不人気です。

ただし、このB席はほかの座席にくらべて、シートの幅が広いのです。300系以降、新幹線のB席は幅46cmで、ほかの席より3cm広い設計になっています。N700系で窓側や通路側も少し幅が広がったものの、それでもB席は2cm広いのです。混雑時の新幹線自由席では、スペースだけ考えればB席が意外に狙い目なのでした。

なお、N700系の座席の前後の間隔は普通車1,040mmのところ、1号車と16号車は形状の兼ね合いで1,023mm。新幹線自由席では1号車は絶対に避けるべきでしょう。

【関連リンク】
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
誕生日特典でお得な切符「バースデイきっぷ」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「混雑時の新幹線で知っておいて損のない豆知識