パトカーは車種が同じでも取り締まりの危険度がまったく違っています。パトカーに多い車種としてトヨタ・クラウンが多いことはよく知られていますが、同じクラウンでも交通機動隊と自動警ら隊とでは中身も警察官もまったくの別モノなのです。交通機動隊と自動警ら隊のそれぞれのパトカー判別方法を見ていきましょう。

交機の200系クラウンは排気量3,000cc

交通機動隊は警視庁や各都道府県の交通部にある、通称「交機」と呼ばる部署です。白バイ・パトカーを使って主に幹線道路での取締りを行っています。つまり、交通機動隊のパトカーは交通取り締まりが主な任務なのです。

このため、トヨタの200系クラウンを中心とした白黒パトカーも覆面パトカーも排気量3,000ccのエンジンを搭載し、自動警ら隊のパトカーよりも足元がしっかりしています。また、散光式赤色灯はルーフに直接のっていることが特徴です。

これは高速走行時に風の影響を受けないため。250馬力オーバーの加速で接近追尾されると、特に夜間は発見が遅れてしまいます。ルームミラーに映る赤色灯の光でパトカーに気づくこともしばしばです。

一方の自動警ら隊は警察内部では「自ら隊」などと呼ばれます。交機が主に車などの違反を取り締まるのに対して、自ら隊は街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。

210系クラウンパトカーは危険度が大

自ら隊のパトカーもトヨタの200系クラウンが大部分を占めています。エンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はしますが、乗員に運転技量がないため追尾式の速度違反の取り締まりは苦手。交通違反を取り締まることもありますが、凶悪事件を未然に防ぐために、キップを切ったあとも車内を捜索したりします。

自ら隊のパトカーは屋根に昇降装置のハコがついておりその上に赤色灯がのっているのが特徴です。駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにします。交通整理や不審物の捜査を行う自ら隊ならではの装備でしょう。

最近、増えてきた210系クラウンのパトカーは、交機と自ら隊との危険度の違いが大きくなっています。200系までは交機も「ロイヤル」がベースでしたが、210系ではロイヤルに2,500ccまでの設定しかありません。このため、交機のパトカーは3,000cc以上の設定のある「アスリート」がベースになったからです。

210系クラウンの交機の白黒パトカーは、稲妻型とも呼ばれる精悍な顔つきが特徴的。ちなみに、交機の覆面パトカーも210系クラウンはアスリートを採用しています。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「同じクラウンでも違う危険なパトカーの見分け方