職務質問は、地域警察官が犯人逮捕という輝かしい栄誉をつかむための伝家の宝刀といえるでしょう。その捜査の基本ともいえる職務質問の対応を見れば、一般人がお巡りさんの能力や人柄、度量を知りうる貴重な場となるのです。そこで、職務質問中に「年収いくら?」などの少々ムリ目の要求をしてみました。

職務質問で「年収を教えて下さい」

まずは、職務質問で防犯登録の照会を求められた際に「お巡りさんがニセ警察官の可能性もあるので警察手帳を見せて下さい」と、パトカーに乗る2名の警察官に要求してみます。

若い警察官は「ふざけるな!」と少々いきり立つも、年配の警察官は「それもそうですね。こちらもあなたの名前を聞くわけですし」といって5秒ほど警察手帳を提示。誠意ある対応に度量の深さを感じられました。

今度は、職務質問で防犯登録の照会を求められた際に「協力する代わりにお巡りさんの年収を教えて下さい。仕事で調べているので…」と、自転車に乗った警察官1名に聞いてみます。

職務質問で協力する代わりにお願い

すると「お兄さんは名前だけしかいわないのに何で僕は年収まで答えるの? 僕も名前なら名乗るから」と話題のすり替え。正論と譲歩案を組み合わせた回答は機転の早さを感じさせてくれました。

ある晩は、自宅の目と鼻の先で職務質問を受けたので「自宅マンションまで来て、そこの駐輪場で調べてほしい」と、自転車に乗った2名の警察官に要求しみます。しかし「あと5分ならここで調べても変わらないでしょ?」と要求をバッサリ却下。正論ですが、市民感情を鑑みない物言いはちょっと残念なところです。

最後は、職務質問で持ち物検査をされる際に、「協力する代わりに拳銃を見せて下さい」とパトカーに乗った警察官2名に冗談交じりに要求してみます。

「興味あるの? このままパトカーに乗って警察署まで来れば見せてあげるよ」と言葉通りに受け取ってはいけなそうな怖い顔で返答。不審者に対する毅然とした態度は、さすがに威厳がありました。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「職務質問で「年収は?」に対する機転の早い回答