YouTubeはアクセスするだけですぐ見られますが、それだけではモッタイナイ。動画に字幕を表示して視聴したり、ライブ配信中の動画が検索できたりと、さまざまな機能があるのです。そこで、知っておきたいYoutube活用テクニックをまとめてご紹介。YouTubeが「制限付きモード」かどうかは一度チェックしたほうがよいでしょう。

YouTube動画をピンポイントで共有

Youtube動画の中には、字幕を表示できるものが存在します。そんな動画は字幕を表示させて視聴しましょう。音を出せない環境でも、内容やセリフを表示できて便利です。プレーヤー内の字幕ボタンをクリック。画面上に字幕が表示されます。

YouTubeはスマホで撮影した動画ファイルの保管庫に使うことも可能です。YouTubeに動画をアップロードする時にプライバシー設定を非公開にしておくと、本人しか視聴不可能に。動画ファイルの保管ができます。

具体的には、YouTubeアプリでアップロード機能を呼び出して動画を選択。プライバシー設定を「非公開」にしてアップロードすればOKです。

YouTube動画は決定的なシーンをピンポイントで共有することができます。動画の一部分だけを見せたい時は、そのシーンから始まるURLを作りましょう。共有したいシーンで動画を一時停止し、共有機能で「開始位置」にチェックで、共有用URLが作られます。

YouTubeは「制限付きモード」がある

YouTubeの動画は、TwitterやFacebookなどに投稿して共有できます。共有機能を開き、SNSを選んで投稿するだけです。SNSアイコンをクリックすると投稿画面が開き、動画のタイトルとURLが自動入力されます。

YouTubeでライブ配信中の動画を検索するテクニックもあります。「フィルタ」機能を利用すると、ライブ配信中の動画をイッパツで絞り込めるのです。検索画面で「フィルタ」を開き、「ライブ」を選択しましょう。

YouTubeには特定の動画をブロックする「制限付きモード」があります。これが有効になっているなら、解除してみると新たな扉が…。「制限付きモード」が有効だと検索結果上部に注意書きが表示。画面下部の「制限付きモード」を開き、「オフ」を選んで解除します。(文/中谷仁)

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「YouTube「制限付きモード」かを一度確認すべし