「覆面パトカー」には大きく2種類あります。一般車に紛れて交通違反を取り締まる交通パトカーと、刑事が捜査のために使用する捜査用パトカーです。交通パトカーとは全く異なる使われ方をするのが、捜査用の覆面パトカー。一般車に紛れ込んでいると思っているだけに、車内も雑然。その様子を元刑事たちに聞いてみました。

捜査用の覆面パトカーは移動手段

「警察であることをアピールしながら走る黒白パトカーに比べたら、刑事が乗る覆面パトカーの車内は明らかに汚い。基本的には現場への“足”。移動手段であって、取り締まり用のクルマではないからね」と元刑事は話します。

「灰皿にはタバコの吸い殻は入っているし、ドリンクホルダーには缶コーヒー、今の連中はコンビニのドリップコーヒー。会社の営業車みたいな感じで、みんなで使うから誰もちゃんと掃除しない」というのです。

とはいえ、テレビドラマのように張り込みしながら、捜査用の覆面パトカーの車内で食事をすることはありません。「あれは刑事ドラマの中の話。だから、車内であんパンも食べないし、牛乳も飲まない」といいます。

覆面パトカーに駐車違反ステッカー

「腹が減ったら何を食べるかを相方と相談してラーメン屋にでも入ればいい。クルマを駐車場に入れても覆面なんで、パトカーだなんて誰も気が付かない」のです。

刑事が使用する捜査用の覆面パトカーは、交通課ではないので基本的に取り締まりはしません。このため「気の合う相手となら世間話だってする。もちろん、緊急走行して現場に向かう時は運転に集中している」と話します。

「昔はミニパトの婦警さんが、同業者と気が付かないで駐車違反のステッカーを貼っていた。今は駐車監視員ね。駐車違反ステッカーを防ぐために、それと分かるようにダッシュボードや助手席に赤色灯を置いておく」といいます。

しかし、覆面パトカーでも赤色灯を置くのを忘れることもあります。すると「クルマに戻ってきたら、ステッカーが貼られていて、お互い顔を見合わせて苦笑い。すぐに剥がして立ち去る」のでした。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「覆面パトカーが実践している駐車違反対策とは?