高速道路を流しながら、交通違反を見つけて取り締まるパトカーや白バイ。彼らが狙いを付けている違反は、まずはスピード違反です。実際、高速道路で捕まる違反のほぼ半分がスピード違反です。しかし、それ以外にも高速道路で取り締まられやすい交通違反が存在。高速で速度違反に続いて多い違反は何なのでしょう。

高速道路上で取締りが多い交通違反

交通違反の取り締まりにおいて、高速道路上のケースが占める割合はそれほど多くありません。警察庁の交通統計によると、2018年の場合、一般道を含む全取り締まり件数が775万1092件に対し、高速道路上は64万1315件。高速道路上での取り締まりが占める割合は約8%に留まります。

しかし、スピード違反に限ると高速道路上の割合はぐんと上がり、全体の123万7730件に対し30万7575件と約27%にもなります。高速道路はスピードが出やすい設計なうえ、歩行者や自転車もいないのでスピード出し過ぎになりやすいわけですが、警察側としても積極的に違反を取り締まっていることがわかります。

次に、高速道路上で取り締まりが多いの交通違反が何かを見ていくと、スピード違反が断然多く全体の52.5%を占め、次がシートベルト装着義務違反の22.1%。取り締まり件数にすると14万1645件です。それに続くのが通行帯違反で、取り締まり件数は6万1773件、割合にすると9.6%になります。

高速道路では通行帯違反に注意する

シートベルト装着義務違反については、高速道路の場合はICの入口や本線料金所の検問で取り締まることがほとんど。後部座席に乗っている人についても、着用していないと違反になります。もちろん、高速道路でのシートベルト非着用は、違反かどうか以前に事故が起きた際に大変危険なのでやめましょう。

また、通行帯違反については、乗用車や自動二輪車が追い越し車線を必要なく長く走り続けた場合に違反となります。片側1車線しかない場合を除くと、高速道路の一番右側車線は「追越車線」に指定されていて、追い越し以外で長く走り続けると取り締まりの対象になるため要注意。ただし、渋滞や事故のときは適用外です。

ちなみに、大型トラックに関しては通行帯の規制は乗用車やバイクより厳しく、大型トレーラーが一番左側以外の車線を走行したり、大型トラックが片側3車線以上ある高速道路の追い越し車線を走る場合も、実は通行帯違反になります。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「高速道路で取り締まられる交通違反ベスト3は?