いまやクルマは何かしらの電子制御が行わているのが一般的。このため、家電と同様に、隠しコマンドが用意されていたりするのです。トヨタ・アクアと人気を二分するコンパクトエコカーがホンダの「フィットハイブリッド」。3代目「FIT3」に搭載されている「メンテナンスモード」起動の隠しコマンドを見ていきましょう。

フィットはメンテナンスモードを搭載

ホンダ・フィットに搭載された隠しコマンドは、まずセレクトを「P」にしてサイドブレーキをかけたら、パワーボタンを2回押します。そして、以下の動作を60秒以内に行うのです。

アクセルペダルを2回ベタ踏みして、ブレーキを踏んでシフトを「N」へ。続いて、ブレーキを離してアクセルペダルを2回ベタ踏み。ブレーキを踏んでシフトを「P」へ。ブレーキを離してアクセルペダルを2回ベタ踏みします。

これでマルチインフォメーションディスプレイに、「Maintenance Mode」と表示されるのです。このメンテナンスモードに入ると、強制エンジンモード選択(車検時の排ガスやマフラー音量検査などに使用)、横滑り防止用のVSAシステムや坂道発進時のアシスト機能の簡易点検などが自分で行えるようになります。

フィットのメンテナンスモードの表示

ホンダ・フィットは通常始動では、バッテリーから駆動輪へトルクがかかっています。バッテリー残量が減れば、エンジンからバッテリーへ電力が供給される仕組みです。

これがメンテナンスモードを起動すると、インフォメーション画面にはエンジンから駆動輪へトルクがかかっていることが表示されています。メンテナンスモードではバッテリーに充電されません。

このほか、登り坂でフットブレーキから足を外してもブレーキ圧維持を行う「ヒルスタートアシスト機能」の点検も可能です。正常に動作していれば、坂道発進も安心でしょう。

なお、フィットのメンテナンスモードを終了させるには、POWERスイッチをOFFモードにしてください。エンジンが停止しメンテナンスモードがキャンセルされます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「フィットの「メンテナンスモード」隠しコマンド